Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

スピンサーブなんて諦めてスライスサーブ極めてみない?

ども、tyazukeです。

僕は高校生の頃からテニスやっていますが、どうしてもスピンサーブが打てなかった組でした。

ホントにどうやってもスピンが打てない。しまいにはスピンもどきを打って、丁度いい高さにバウンドしたサーブを叩き込まれる始末。

 

で、大人になって再びテニスに興じているわけですが、ようやくスピンサーブが不要ということに気がつきました。

今回は、スピンサーブなんて諦めてスライスサーブを極めよう、という話です。

 

素人のスピンサーブなんぞチャンスボール

サービスラインから跳ねてベースラインまで来ようものなら恐ろしいサーブです。が、素人のスピンサーブなんぞ、せいぜい少しはねる程度です。少しタイミングを合わせることができれば、逆に叩き込めるのでは?

そりゃあインハイとかインカレの本選に出場する選手のスピンサーブはキツイかもしれませんが・・・。

 

少なくともサークルやスクールの草テニスレベルのスピンサーブはザル。逆に言えば、僕たちもスピンサーブを打とうなんて考えないこと。逆に打ち込まれます。

 

スライスをリターンする方が逆に難しい

もうね。スライスサーブをリターンする方が逆に難しいんです。だってバウンドが低いし。滑るサービスを持ち上げて相手コートに深く返すのも、相当技術がいる。

 

よくスライスサーブをネットに引っ掛けて失敗しませんか?そういうことです。

 

極めたスライスサーブのお手本

僕がお手本に推奨する選手はピート・サンプラス。

www.youtube.com

 

相手は髪有りアガシ。25秒あたりよくみてください。サンプラスのスライスサーブが絶妙なコースで決まっていますね?

 

これなんですよ。

 

右利きならスライスサーブは左へ曲がる。これを利用してスライスサーブをセンターに狙う。そうするとリターンに対してボールが逃げていくので、触られないわけです。

見事エースをとっています。

 

むしろ、ゆるゆるスライスでも良いんじゃね?

そうは言ってもサンプラスのスライスサーブを学ぶには、練習量が沢山必要です。

それは無理!なんて人は、「ゆるゆるスライス」でも良いんじゃね?と思うのです。

 

逆にスピード殺したスライスなんてリターンからすれば恐怖ですよ。上手い人ほど丁寧ですから、ゆるゆるスライスを強打で返すことはしません。丁寧にネットを越えるよう返すはず。

エースは取れないですが、確実にラリー戦へもつれ込ませることが可能です。

 

スピンサーブやると腰壊すよ

スピンサーブはね体を壊しやすいんです。体を無理してひねるでしょ?あの体勢がよくない。

ナダルなんか常に体壊しているでしょ?無理な使い方をしているんです。僕の体験から言うと、スピンサーブの習得で無理に捻りすぎて骨盤ズレました。

 

骨盤ずらしたくないですよね?だったらスピンサーブは今日から辞め!スライスサーブを極めよう!

 

以上、今回はスピンサーブを諦めてスライスサーブを極めること、についてお話しました。

割とガチでそう思っています。

では。