Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

デニス・イストミンのプレースタイル

先日の全豪で、見事ジョコビッチを破る大金星を挙げたデニス。ATPランキング50位台の彼に、当然注目しているはずもなく。このブログでも、彼のプレースタイルに着目しませんでした。

しかし、ジョコに勝ったということで無視するわけにもいきません。今回は、デニス・イストミンのプレースタイルについて特集しますよ。

あ、全豪の感想は前回の記事を読んでください↓

www.tenisu-joutatu.jp

 

ベースラインプレイヤー。打音が良い、ボールが深い。

youtubeでジョコとの試合をみました。典型的なアグレッシブベースラインプレイヤーですね。僕が注目した点は3つ。

・ゴーグルが特徴的

ということ。

目が悪いのか、彼は試合中にゴーグルをつけるようです・・・そうではなくて・・・本当に言いたいことは、

・打音が良い。

・ボールが深い。

ということ。

打音良いですね~。良い音しているなぁ!と画面越しでも伝わります。つまり、スイートスポットに当てている証拠。調子の良さが伺えます。

調子が良いのはもちろんなんですが、デニスは当て感を持っている選手なのかなと思いました。

アマチュア選手の中にも「当て感」の上手い人がいます。相手の早いショットに、上手く当ててカウンターで返す人。ライジングが上手い選手です。

今回の試合に限って言えば、攻撃のタイミングも早かったです。デニスは両手バックハンドの選手ですが、ジョコのショットをライジング気味にたたき返して攻撃のリズムを変えている場面が何度かありました。

またデニスのショットは深かったですね。ベースライン手前に落ちるものばかり。ジョコも返すのに大変そうでしたよ。

 

試合に関して。ジョコビッチの調子が悪かった。 

試合に関して言えば、ジョコビッチの調子が悪かったのかな、と。 デニスの調子が良かったことも頷けますが、ジョコの細かいミスが目立っていました。

 

デニスのキャリアは終盤。終わらせ方を考える時期に。

デニスの年齢は30歳。テニスプレイヤーとしてのキャリアは終盤に差し掛かっています。

これから選手人生をどう締めくくるか考える時期かと思います。まぁ、選手生命伸びているんですけど!ワウリンカみたいに遅咲きの選手もいるし!↓

www.tenisu-joutatu.jp

 

今後の大会で「デニス・イストミン」の名前がみられることを楽しみにしています!