Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

試合まで残り1週間。今すぐできる勝つトレーニング3選。

おなじみヤフー知恵袋に来ていた質問です↓

硬式テニスの試合までいよいよ2週間きりました。大切な大会です。残り2週間、なにをするべきかアドバイス下さい

 試合前って緊張しますよねえ。2週間前だと、まだまだ先かなあと思いつつ中途半端に時間があるから、何かできると思いますよね。

今回は、試合残り2週間で出来ることについて特集します。

 

試合当日にピークに持っていくためには?

体調や肉体の状態を試合当日ピークに持っていくには、ギリギリまで練習するわけにはいきません。かといって、全く練習をしないのもボールの感覚を忘れてよくありません。

両者をピークに持っていくには、練習の段階を分ける必要があります。まず、前半の1週間は筋トレや走り込みなどの有酸素運動、無酸素運動OKです。後半の2週間は試合当日に疲労を残さないためにも、軽い練習で済ましておきましょう。

ラケットを使ったストローク、ボレー、サーブ練習を中心にします。筋トレはしません。なるべく疲労を回復することに注力してください。後半1週間で重要なのは、肉体の疲労を回復しつつ、ラケットとボールの扱い方を忘れないことです。

 

とにかくラケットとボールの扱い方を忘れずに

1日の練習をサボると1週間練習が必要と言われています。後半1週間の練習では、肉体疲労を回復する目的で基礎トレーニングは休みますが、肝心のラケットとボールを使った練習は休みません。

基礎トレーニング以外でも丸1日練習すると、かなり疲労がたまります。ですから、一日前は完全オフにしても良いと思います。他の期間も丸一日練習するのではなく、感覚を忘れない程度に抑えましょう。

 

テニスの練習はラケットの扱い方を忘れないことが大切です。ラケットの扱い方を忘れないためには、休まずボールを打つことですが、疲労を蓄積しないために軽い練習で済ましておきましょう!