Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

片手バックハンドでトップスピンをかける方法とは?

ヤフーの知恵袋から質問を拝借↓

硬式テニスをしてます。片手バックハンドでスピンをかけようしてますが、苦労してます。ラケットのどの位置に当てれば良いのでしょうか? スイートスポットなのでしょうか?よろしくお願いします。

 わかります。片手バックハンドって、トップスピンを掛けるのが難しい。スライスは楽なんですけどねえ。今回はみたいな初心者の疑問、多いと思います。

僕は、高校生の頃から片手バックハンドですが、それでもトップスピンは中々かけにくい。

今回は、そんな片手バックハンドでトップスピンをかける方法について特集

しますよ。

 

グリップはセミウェスタンがおすすめ。

まずは片手バックハンドのグリップを確認してください。イースタングリップになっていたら、やり直し。トップスピンをかけるので、おすすめはセミウェスタングリップ。この辺は、フォアハンドと同じ考え方ですね。

セミウェスタングリップで握ると、ラケット面が少し下向きになります。この状態で、上向きに振り抜くとスピンがかかりやすくなります。

 

ボールを当てる位置は中心が基本。当たらないときは、上側でもOK

基本は、もちろん中心です。要するにスイートスポット。もちろん、完璧な真ん中に当たらないことの方が多いので、多少ズレても問題ありません。打感が気持ち悪い人は、振動止めを付けるといいですよ。叉はヨネックスのラケットがおすすめです。

ヨネックスのラケットは、多角形の形をしていますが、これによりスイートスポットの範囲を広げているそうです。

さて、中心がダメなら上側でもOKです。なぜ、上側かというと上側に当たれば少なくとも相手コートに入れることができるから。ラケット下側に当たると、ボールは下向きに飛んでいきますからね。

 

体全体でラケットを上向きに振り抜くこと

基本的にフォアでスピンをかけられる人は、バックハンドでも大丈夫です。但し、フォアでスピンのかけ方が間違っている人はダメです。例えば、手首だけコネてスピンをかける人。これをバックハンドでやってしまうとNG。

バック側で手首の可動範囲は狭いので上手く動かないからです。正解は体全体でラケットを下から上へ振り抜くイメージです。手首を使わないので、バックハンドでもできます。

体全体でスピンをかけるイメージですが、膝を良く曲げることを意識してください。ショットを打つとき、膝は伸びるので、下から上へと力を伝えることができて、トップスピンがかかりやすくなります。