Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

片手バックハンドでライジングを打つ方法を考える。

ヤフー知恵袋で見つけた質問↓

片手ハンドのライジングがとても難しいです。いつも少しタイミングが遅れてしまいサイドラインの外に打ってしまいます。グリップはコンチネンタルより少し厚いくらいです。面の作り方や振り抜きのコツ教えてください。

 僕も片手バックハンドのライジングは苦手です。と、いうよりライジングで打った記憶があまり無いですね。よほど、攻められている状況かも。ライジングを知らない人に一応説明すると、ライジングはボールが跳ねて頂点に達する前に打つショットのこと。

ボールが頂点に達する前に打つので、回転による変化の影響を受けにくいメリットがあります。また、相手のストロークリズムをずらす効果もあります。

一方で、ライジングショットは難しい!普通のショットのように、ボールの軌道をよく見て打つことができませんし、僕は正直勘で打っています笑

ボールの着地点を見て、素早く振り抜くだけですね。ボールが跳ねる前に打つので、打ち損じは少ないと思いますが。

今回は、そんな片手バックハンドのライジングについて特集します!

 

手首は固めると打ちやすい。

手首はできるだけ固めます。あ、打つ前に固めると振り抜くスピードが遅くなりますから、打つ前に手首を固めます。手首を固める理由は、ショットの安定性です。ただでさえ、片手バックハンドは安定性にかけるので、手首を固めてラケットがぶれないようにします。

 

ラケット面は上向きがおすすめ。

ラケット面は上向きがおすすめです。ライジングは、ボールが頂点に達する前に打つので、打点が低い位置にあります。と、いうことはフラットに打っても、ネットに掛かるかも。

理想はやや上向きにしてスピンをかけることですが、ライジングでスピンはかけにくい。そのため、ラケット面を上にして打つことでネットを超えるショットを打てます。

 

なるべく手前でラケットを振り抜くこと

ラケットはなるべく手前で振り抜きましょう。振り抜きが遅くなると、ライジングのメリットがなくなります。理想はボールが着地したと同時にラケットを振り抜くイメージです。

すると、ちょうどラケットのインパクトとボールの跳ね上がりがピッタリと合うと思います。これは僕のイメージですが、ボールの着地とラケットのインパクトまで1秒かからないくらい。0.5秒くらいでしょうか。

とにかく、ライジングは早く振り抜きましょう。大事なことなので2回言います。

ライジングは早く振り抜きましょう。

 

まとめ

ライジングショットは相手のタイミングをずらしたり、早いショットを打つときに有効な技です。片手バックハンドで打つときは、手首がぶれやすいくて安定性に欠けるので、手首を固めるイメージを持ちましょう。

ラケット面は上向きになるべく早く振り抜くことで、大分改善できますよ!