Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

トーマス・ベルッチのプレースタイル

ベルッチはブラジル出身のエースで、身長188センチと体格は良い方です。キレのいいサーブと、強烈なスピンのかかったストロークを武器にしている選手。左利きなので、普通の選手と逆方向のショットを打つことができます。

今回はそんなトーマスベルッチのプレースタイルを特集します。

 

アグレッシブベースラインプレイヤー。

ベルッチの試合をいくつかチェックしました。これはマレーとの試合。自分から展開を変える場面が多いです。ストロークはスピン重視で力強い。前に出る機会があれば積極的に行きます。ただ攻め方が単調かも?と思いましたね。 

www.youtube.com

 

フォアストロークのスピンはジョコビッチも苦戦するほど。

ジョコビッチとの試合です。ベルッチは負けます。が、フォアストロークは凄まじいスピンです。ジョコビッチがタイミングを合わせるのに苦労していました。

www.yout

特にベースラインで跳ねたとき、1m以上離れないととれないですよ。ジョコビッチはライジングで合わせてましたけどね。

あとサーブも良い。フラット気味のファーストサーブはジョコビッチからエースを奪えるレベルです。 

 

詰めが甘い場面が多かった。

僕はそう思いました。これはゴフィンとの試合。この試合でゴフィンが良すぎてベルッチが霞んで見えます。ベルッチもストロークで崩す場面が何度がありました。が、ゴフィンに粘られるとあっさり負けるんですよね。

www.youtube.com

ベルッチは展開を早くする癖もあるので、粘られると崩れます。これを解消すれば、もっとランキング上がってくるのかなと思いましたね。

ube.com