Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ガエル・モンフィスのプレースタイル

プロテニス情報! プロ選手のプレースタイル

モンフィスは身長が193センチあり、高い身長と長い手足など、身体能力を活かしたテニスが特徴的です。つまり、コートカバーリングに優れている選手です。

長年トップ20圏内に位置しつつも、もう一つ皮がむけない選手の1人。今回は、そんなモンフィスのプレースタイルを特集します。動画は、ラオニッチとの試合です。

www.youtube.com

 

ラオニッチのサーブを見切る動体視力

相手のラオニッチは高い身長を活かしたビッグサーバー。ストロークも強力で、ベースラインから相手をねじ伏せる攻撃的な選手です。序盤、ラオニッチのストロークとサーブに苦戦します。

が、驚くのはラオニッチのファーストサーブをリターンできていること。220km/hあるサーブです。モンフィスは手足が長いので、逃げるサーブにも対応可能。

 

ジョコビッチの攻撃にも対応できるコートカバーリング

ジョコビッチの攻撃も身体能力を活かして、なんとか返球しています。足は速くないですが、手足が長いから届きます。

www.youtube.com

 

意外性のあるチェンジオブペースで苦しめる。

モンフィスの攻撃のスイッチは、相手にとって以外かもしれません。この試合では、1セット目と2セット目で明らかに攻撃力が違います。1セット目は守備的なテニスに徹しています。

2セット目は、早いタイミングでジョコビッチのボールを叩きます。また、スライスやドロップショットを織り交ぜて、攻撃のリズムを変化させています。

意外性のあるチェンジオブペースが、ジョコビッチを苦しめてタイブレークまで試合が長引きました。

 

ショットの精度は高くない。

ショットの精度は高くありません。ラインぎりぎりのショットは打ちませんし、イージーなミスもします。

 

モンフィスが一番おしゃれ。

余談ですがモンフィスが一番おしゃれな選手。服装がダサいテニス選手の中で、一番かっこいいです。