Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

フィリップ・コールシュライバーのプレースタイル

フィリップコールシュライバーは、ドイツ出身の32歳です。ランキングは最高で16位と実力のある選手です。バックハンドは片手、右利きの選手。

あまり有名じゃない選手なので、初耳の人も多いかも。ATPツアーも勝ててないですし。

今後、日本の選手と対戦することもあると思います。まずは、アンディマレーとの試合を観て、プレースタイルを紹介しましょう。

www.youtube.com

 

アグレッシブベースラインプレーヤー

ベースラインから積極的に攻める姿が印象的です。隙あればネット前に出て圧力をかけてます。マレーとの戦術が対照的ですね。

マレーはクロスラリーが基本。危険を冒さない守備的なプレーです。動画から分かるように、マレーが攻められているように見えますね。一方フィリップは展開を工夫してます。

クロス⇒ダウンザラインとか、ラリー⇒ドロップショットなど。多彩な技を持つ選手だなあと思いました。

 

弱点は少なそう。

1セット目はマレーと互角。タイブレークまでもつれる接戦でした。フィリップの実力の高さが分かります。

弱点が少なそうな選手です。バック側の攻撃もスライスで逃げたり、ドロップショットで返されると面倒です。フォアの打ち合いの方が良いですね。

 

トミックも翻弄するドロップショット

ドロップショットの使い方が絶妙。ネット前から打つドロップショットは簡単です。が、フィリップが打つように、ベースラインからネット前へ落とすドロップは技術があっても試合で試さない。

それだけ、自滅のリスクが高いショット。バックハンドに自信がないと、できません。

www.youtube.com

 

フィリップも32歳。ドイツの若手に期待しよう。

フィリップも32歳なんですね。キャリアも終わりに近づいています。ATPランキングをみるとドイツの選手でフィリップが一番。若手の台頭が全くないんです。

以前は、トミーハースというレジェンドがいたんです。が、フィリップも居なくなったらドイツテニス界、危ないですね。若手に期待したいです。