Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

片手バックハンドの技術―スライスが上手くなるコツ―

片手バックハンドの使い手に共通される弱点は、「バック側への高く跳ねるショット」。バックハンドが苦手なのは、テニスプレイヤー全員に共通しますが、片手バックの人はより安定しないので、ミスが多くなります。

そんな中、テニスの神様が与えてくれた片手バックハンドの「技」・・・それが「スライス」。

相手の攻撃をいなすこともできますし、コースを点くことが出来れば攻撃に転じることもできる万能ショット。

皆さんなら、そのくらいご存じですよね。

私も片手バックハンドプレイヤーなのですが、実はスライスがもっぱら苦手でした。なぜか、コート内に収まらずアウトになったり、かと思えばネットにかかて自滅。

ですが、最近スライスのコツがわかってきました。とりあえず、当時ダメだったときの打ち方を列挙してみます。

  • スウィングが速すぎた。
  • 下に振り下ろす打ち方だった(フェデラーを真似ていた)
  • ボールに当たった時、既にラケット面が下又は上を向いていた。

以上のような、ダメポイントがあったと思います。まず1番目に、スライスを打つ時にスウィングが速すぎるのは良くありません。トップスピンをかける時なら、それでいいですが、スライスを上手く打つためには、ラケット面の使い方が非常に重要ですし(後で書きます。)、逆にスライス回転がうまくかからずにラケットに当たるだけになります。

2番目ですが、フェデラーのスライスは非常に特徴的な打ち方をしていて、ラケット面をほぼ垂直に振り下ろすようにショットを打ちます。ですが、この打ち方はラケットタッチに優れるフェデラ―ならではのもの、私たちに真似は難しいのです。

最後に、よくありがちですがスライスを打つ時のラケット面は地面に垂直がベター。下向きだと、そのままネットへ。上向きだとそのままアウトコースです。

これらを踏まえて改善したところ、飛躍的にスライスが上達しました。改善後の打ち方を書きます。

  • スウィングは少しゆっくり目にラケット面を作ることを心がける。
  • ラケットがボールへ当たった時は地面と垂直に、そこからゆっくりとボールを運ぶイメージでフォロースル―を行う。
  • ラケット面は地面と垂直を作り、ボールに当たる瞬間にラケットを上向きにしてボールを運ぶイメージでスウィングする。

また、よくネットをする人は、スライスのフォロースル―で、ラケットがネットよりも上に持っていくことを意識してください。フォロースル―がネットよりも下にある人は、ボールが必ずネットに当たるので注意しましょう。