Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ラケットを使わない初心者が出来る練習

「ラケットとボールに慣れる練習法」を以前の記事で纏めました。今回は「ラケットを使わない」練習方法を紹介します。

 

「タオルを使った練習」

私がおススメしたいのは、タオルを使った練習です。まずラケットと同じ長さくらいのタオルを用意します。

そのタオルの先を一回結んで重心がタオルの先にくるようにします。

そうすることで、ラケットと同様な重心位置での感覚が得られます。そのタオルを使ってフォームの確認をしましょう。

ボレーは無理ですが、特にサーブのフォーム確認はおススメ。これで何回もフォームを確認すれば、実際にラケットを持ったとき、かなり効果があります。

 

 

「トスの練習」

サーブが安定しない初心者の方の多くが持つ悩みが「トスの位置が安定しない」ことです。トスの位置は毎回必ず同じでなくてはいけません。

初心者の方はトスの位置を決めている人が少ないので、トスがぶれるのはしょうがないですが、自分で決めた位置に真っ直ぐトスが挙げられるように練習しましょう。

意外にトスを真っ直ぐ毎回同じ場所にあげるって難しいです。

 

 

「キャッチボール」

野球じゃん、と言われそうですが、キャッチボールはとってもおすすめの練習。肩や、肘から肩にかけて、力の動きを実際に実感しながらキャッチボールしましょう。

また、ボレーの練習として、ラケットを持たずにボールをキャッチするという練習もおススメです。

ボレーは基本的にグリップエンドからラケットを出してボールに当てます。そのイメージでボールをキャッチしましょう。