Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

サム・クエリー ―最近気になる選手―

アンディーマレーの試合動画を見ていたら(アンディーマレーの特徴とか書こうかなと思って分析の最中)、初めて見るんですが非常に良いフォアハンドを持っていてマレーを押している選手がいました。テイクバックがとってもコンパクトで力強い。後で調べて見るとアメリカの選手で、典型的なグラウンドストローカータイプ。

名前は「サム・クエリー」、出身地はアメリカ、身長198cm、体重91kg、最高ランキングは17位で現在は70位代にまで落ち込んでいます。この試合だと、マレーの方がラリーで打ち負けているようにも見えるのですが、ポイントではマレーが勝っています。

マレーは守備的な選手ですが、クエリーは少しだけ攻撃的。ただし、フェデラーのように早い展開をしているわけではなく、クロスラリーの中で強打を織り交ぜるというパターンが多く見られます。上記にも書きましたが、クエリーはフォアハンドが非常にコンパクト。現代テニスはテイクバックをコンパクトにするのが鉄則ですが、クエリーは他の選手よりもさらに1段階コンパクトです。ほとんど体の回転で打っているようみ見えます。体の体幹がいかに強靭であるか分かりますね。また、恵まれた体格だけあってサーブも強烈です。

年齢はマレーと同年代の26歳で、今後の活躍が望めるか微妙な年齢です。今回は、最近気になっている選手を紹介してみました。あまりメディアで取り上げられない選手など皆さんに興味を持ってもらえたらと思います。