Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

テニスは「観るスポーツ」ではなく、「するスポーツ」

プロテニス情報!

ふと本屋に立ち寄って、サッカーや、テニス雑誌を読んでいるとあることに気づきました。

テニス雑誌って本当に内容地味だということ。

普通、雑誌と言えば下世話な内容から、スポーツ関連で言えば、今どの選手(チーム)が強い?とか良く書かれています。今日読んだサッカー雑誌だと、選手の趣味やチームで誰が移籍するのか?移籍金は?とかバラエティに富んだ内容です。

一方テニス雑誌を読むと、「ダブルスの戦略」とか「テニスはリターンから始まる!」など、連続写真を用いて技術の向上を目標とした記事が書かれていました。ちなみに、某2大テニス雑誌を読み比べても大差ありませんでした。これは出版社が明らかに「テニスは観るスポーツじゃない」ということを意識しているからですね。

 

個人的にはテニスの技術情報(打ち方とか)よりも、プロ選手のランキングや動向が知りたいので、それを専門に取り扱った雑誌がないのは少し寂しいです。ところで、紙媒体の情報ツールはインターネットに取って代わった昨今ですが、プロ試合の速報とかプロ選手情報を詳しくスピーディーに発信しているのが「テニス365」です。

当サイトも、ゼロから始める初心者に向けたテニス情報サイトですが、まずはテニスに興味を持ってもらうことが先決ということで、プロ選手情報が多めにしています。また、テニスの技術も全てがプロ発信で雑誌からアマチュアに伝わっているので、プロの打ち方や動向をお伝えしています。

 

それにしても、テニスがなぜ一般の方(テニスをしない人々)に受けないのでしょう。団体意識が強い日本人にとって個人競技が人気がないのでしょうか?もっと、たくさんの人がテニスを知って、たわいない話が出来るようになると良いですね。