Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

試合の流れが変わるとき(ブレイクポイントに注目)

概要

テニスの試合は、1セット6ゲームです。最低2ゲーム差をつけて6ゲーム先取すれば1セット奪うことができます。ゲームの始まりは、どちらかのサービスから始まります。実際にテニスをやったことがある人はわかりますが、テニスのゲームではサービス側が圧倒的に有利です。サーブは唯一、全てが自分のタイミングで行うことができるショットだからですね。

コースやスピード、打つタイミング、球種など自由に打てます。それだけ、リターン側はボールを予測しづらく、リターンは大変ですし、ゲームの主導権を握られているようなものです。

また、プロの試合になると例え力の差があってもほとんどの選手が自分のサービスゲームはとってしまいます。それだけ、簡単に(プロにとっては)取れてしまうゲームですから、サービスゲームをとることを「キープする」と言っています。

一方、リターン側は大変苦しく、なかなかゲーム展開を崩すことができません。それでも、相手のゲーム展開を崩してリターン側がゲームをとることを「ブレイクする」と言います。要するに相手のゲームを壊す(キープするはずのゲームを壊す)という意味からきています。テニスで試合に勝つためには、この「ブレイク」が非常に重要です。(つまり、相手と2ゲーム差をつけるためには、最低1回はブレイクする必要がある。)

 

リターン側のゲームに注目しよう。

以上のように、テニスの試合で、どちらが勝ちそうな展開かはブレイクできるかどうかにかかっています。つまり、リターン側のゲームに注目すると、ゲームの流れを引き寄せている選手がわかります。また、展開が変わるプレーなど、見れば見るほど面白くなりますね。

特に注目するところは、拮抗したポイントのときです。例えば30-30とか4-4のときは緊張感あります。大抵、こういった勝負どころに展開を引き寄せるビッグプレーが生まれます。

ところで、アマチュアの試合はプロの試合よりも予測不能で、プロなら以上に述べたような法則が適用できるのですが、草試合をみていると、サービスゲームは落とすのに、簡単にブレイクする人もいるので、なかなかゲームの流れを読むことができません。要するに、アマチュアの選手は「ムラ」があるということですが、また一味違って面白いですね。