Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

硬式テニスを始める前のストレッチ

概要

テニスは趣味として気軽に楽しめるスポーツです。ただ、初心者にとっては慣れないステップやラケットでボールを打つ動き、サーブの等全てが大変です。

高校時代からテニスを続けている私でも4時間以上テニスを続けると体がクタクタになります。

それは、テニスが左右前後、ボールを打つ時には下半身から上半身、腕、体幹まで全身をまんべんなく使うスポーツだからです。

 

たまの休日にテニスをやると、体の疲労も気持ちが良いものですが、一番怖いのは疲労が蓄積して体を壊すこと。

特に初心者は、体が出来ていない状態で無理をしすぎる傾向にあります。ですから、テニスをやる前、後にはなるべくストレッチをするようにしましょう。

 

 

「テニスをする前のおすすめストレッチ」

  • 肩のストレッチ・・・立ちor座り、どちらでも大丈夫。まず、両手を合わせて合掌をします。その状態からゆっくりと、両手を背中の方へ開きます。状態をキープして右、左とひねります。

 

  • 屈伸・・・テニスでは膝をよく曲げます。そのため、膝を壊さないために、あらかじめ膝を曲げて温めましょう。

 

  • 足首・・・屈伸と同様に様々なステップの中で足首をひねらないように、足首をくるくるとまわしましょう。

 

  • 肩回し・・・サーブやスマッシュは肩を使います。急に肩を動かさないよう、肩をぐるぐると回してサーブで体を傷めないようにしましょう。

他に注意点ですが、いきなり力の入ったショットを打たないようにしましょう。体が温まっていない状態で急に力が入ると、体がビックリして筋肉を痛めてしまいます。

 

 

まずはミニラリーとボレーボレーから

ストレッチが終わったら、ミニラリーを行います。ミニラリーとは、サービスライン上で行うラリーで、ショットの回転を確認するためや、体を慣らすために行います。

サービスラインの範囲でラリーを行うため、強い力で打つとすぐアウトになります。

また、ボレーボレーもアップとして行います。ボレーボレーは、サービスライン上で行うボレーの打ち合いです。ミニラリーとボレーボレーはセットで考えると良いですね。