Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

テニスの試合でいつもの調子と違うとき

今回はこんな質問について

テニスの試合の時にいつもの調子がくるいます。 よくなる方法を教えてください。

シンプルな質問ですね。これは誰しも思ったことがあるのではないでしょうか。どんなスポーツでも、練習と試合は違います。練習で上手い選手が試合ではミスが多くて全然勝てないなんて人もよくいます。

これは、一言で「緊張」が関係しています。スポーツにおいて緊張というのは良い面も悪い面もあります。例えば、緊張感がなさすぎる場合は、「慢心」といって相手を油断している状況です。慢心している状況というのはミスが発生しやすく、イージーな失敗が多くなりがちですから、注意が必要です。

その慢心の逆が「極度の緊張」とよばれる心理状態です。この状態に入ると、例えば地面をしっかり踏めていない感触で、傍から見れば地に足がついていないように見えます。極度の緊張を払拭するのはそう簡単にはいきません。

この「極度の緊張」を払拭するためには、「慣れ」というのが一番簡単な解決方法なのです。しかし、テニスに熱くなる学生生活はそう長くないですし、限りある試合回数で緊張を減らすためにはどうしら良いでしょう?

そのためには、イメージすることが必要です。まず、練習中はどんな心理状況でストロークを打っていますか?もしかして、ミスしても良いと、心のどこかで思っていませんか?

試合だとどうでしょう。ミスしてはいけないという心理が働くはずです。このギャップが「緊張」に繋がります。つまり、試合で極度の緊張をしてしまうという人の多くは、練習中と試合での心理のギャップがあるからです。練習中だからといって、ミスをしていいわけではありません。ミスをしたらポイントを落とすのです。そういった心構えで毎日の練習をしていると大分違います

とはいっても、高校生くらいからそんな心理状態を自分でコントロールするのは厳しいですよね。だから、どんなスポーツでも鬼コーチがいるような強豪校は勝てます。普通の高校だと、怒鳴る鬼コーチはみかけません。それは心のゆるみを生み、試合で緊張というギャップになって返ってきます。

しかし、怖い鬼コーチがという緊張できる存在が練習中にもいるおかげで、試合でも同じような緊張状態を疑似的に保つことができます。

まあ、そんなコーチはうちには居ないという人が大半だと思いますので、そういった人はひたすら自分を自分で追い込んだ心理状況をつくるしかありません、または練習の中で罰ゲームを架すような方式にして、ミスしたら罰ゲームで筋トレというような方法とすると良いかもしれませんね。

それではみなさん頑張ってください!