Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

テニスの王子様が与えた影響

テニスの漫画と聞いて一番最初に頭に浮かぶのが、「テニスの王子様」。現在は、新・テニスの王子様が連載中のようですが、あまり見れていません。

たまたまチラッと読んだとき「滅びよ・・・」とか言って、キリストみたいな人が光るボールを打っていたの見たのが最後です。

さて、テニスの王子様は私が高校生の頃からジャンプで連載中の人気漫画でした。当時、あのマンガを見てテニスをやろうと思った人も少なくないと思います。テニスというスポーツをかなりメジャーにしたのも、テニスの王子様がきっかけと言っても良いと思います。

テニスの王子様が流行った理由は、個性的なキャラクターと、観たことも無い必殺技にあります。これが、現実に存在するテニスの技を出されていては、流行りはしなかったでしょう。

例えば、青学主将が使う「手塚ゾーン」。この技を使うと、相手の打ったボールは勝手に手塚の元へ吸い寄せられていきます。原理としては、強力な回転が掛かることによって、あらかじめ予測した位置にボールを返球させることができるということです。

次に海堂が用いるスネーク。これまた、通常ではありえない横回転が掛かったボールをはなつことによりコート端のネットポールを通りぬけて相手コート内にボールを放つことも可能です。

連載を読んでいたころにびっくりしたのは、「縮地法」とかいう謎の移動方法とか、108式あるとかいう波動球という技です。

まあ、実際のテニスじゃないじゃん!というつっこみはしないようにして、テニス漫画だけどテニスよりの格闘漫画だと思えば、ものすごく楽しめる作品です!テニスを始めた人は、テニスの王子様をぜひ読んでみましょう。