Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

テニスで一番難しいショットは何か?

今回はこんなことについて考えてみたいと思います。一番難しいショットは何でしょうか?サーブ?ボレー?はたまたストローク?

個人差はあれど、かなり年齢別で共通してくるようです。どちらかというと、年配の方はストロークが苦手という人が多いです。逆に若い人は、ボレーが苦手という人が多くなります。

なぜか?と考えてみると、一昔前のプレースタイルは、サーブアンドボレーが多かったわけですから、サーブとボレーを多く練習してきた層が、現在の年配にあたります。よって、ボレーが上手いというのも頷けます。

一方、最近のテニスというのはストローク中心のベースラインでテニスを行います。そのため、オープンスタンスの打法やストローク技術の向上など、昔と比べると、ストロークの重要度が変わってきているかもしれません。

よって、若年層はストロークを得意としているのかなあと思います。

もっと具体的に難しいショットを考察してみると、やっぱり「バックハンドストローク」かなあと思います。稀にバックハンドの方が強力な方もいらっしゃいますが、(プロだとガスケとかね)基本的には利き腕と逆の体を使うわけですから、必然的に皆が苦手なショットとなります。

そんなバックハンドショットは練習をして強みにする必要はありませんが、「安定」させることでライバルと1歩や2歩レベルが違ってくると思います。初心者の皆さんは、攻めるバックハンドよりも、まずは安定するバックハンドを練習しましょう!