Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

プロから学ぶ、強いフォアハンド-フェデラー編-

強いフォアハンドは誰しも身につけたいものです。そんな強いフォアをプロから学びましょう。今回はフェデラ―を参考モデルとして、強いフォアハンドの勉強をしてきます。

フェデラ―は、早い攻めが特徴的です。ということは、このサイトでも散々記事にかいていると思います。その早い攻めを支えているのが、言うまでもなくフォアハンドです。

まずこの動画を見てみましょう。

http://www.youtube.com/watch?v=4RVapR9o30U

丁度良い動画が見つかりました。フェデラ―のスローモーションビデオです。横からみた絵もあってで分かりやすいですね。

まず現代テニスのお手本通り、オープンスタンスで構えています。スプリットステップをしてテイクバックで左手を構えます。

ラケットがボールに当たる瞬間を良くみるとわかるのですが、腕がものすごくしなっています。まさにムチのような動きです。また、フェデラ―の目線に注目してください。ボールを打つ瞬間どころか、打った後も目線がボールに残っています。

テニスを習うとき、ボールをよく見なさいと言われますがフェデラ―はプロのなかでも1,2を争うボールを見る天才です。ボールをよくみると確かに打点によくあたるのですが、慣れないうちはおすすめしません。むしろ逆に振り遅れたり、相手に攻められたときなどに対応できない場合があります。初心者のうちは、ボールを見るクセというよりは、テイクバックをしたときに左手をしっかり構えることの方を意識しておくと、ボールとの距離感を見失わずに済みそうです。