Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

最新!テニスの世界ランキング14.03.02

今回はテニスの世界ランキングについて説明していきたいと思います。世界ランキングは1年間を通してかなりコロコロかわるので、これから定期的に書いていきますね。さて、現在のランキングは以下のようになっています。

1. → (1) ナダル,R (ESP) 14580
2. → (2) ジョコビッチ,N (SRB) 10580
3. → (3) ワウリンカ,S (SUI) 5560
4. → (4) フェレール,D (ESP) 5370
5. → (5) デル=ポトロ,J・M (ARG) 4960
6. → (6) ベルディフ,T (CZE) 4890
7. → (7) マレー,A (GBR) 4795
8. → (8) フェデラー,R (SUI) 4305
9. → (9) ガスケ,R (FRA) 2950
10. → (10) ツォンガ,JW (FRA) 2785
11. → (11) ラオニチ,M (CAN) 2485
12. → (12) ハース,T (GER) 2435
13. → (13) アイズナー,J (USA) 2320
14. → (14) フォニュイーニ,F (ITA) 2260
15. ↑ (16) ヨージニ,M (RUS) 2100
16. ↑ (17) ロブレド,T (ESP) 2050
17. ↑ (18) アルマグロ,N (ESP) 1930
18. ↑ (23) ガルビス,E (LAT) 1788
19. → (19) ヤノヴィッツ,J (POL) 1750
20. ↓ (15) 錦織 圭 (JPN) 1715

上位陣は相変わらず変わっていませんね。唯一といえば、全豪オープンで優勝したワウリンカは3位に食い込んだことですね。日本の世界ランカー、錦織圭選手は先日までUSインドアオープンで優勝してランキングを1つ上げたのですが、次のデルビレイビーチオープンを棄権したため、20位に下げました。ただし、この20位~15位まではポイントを見て分かる通り、差がほとんどありません。

先日、優勝したUSインドアオープンはATPポイント500が付与される大会ですので、それと同等の試合に優勝できれば、またポイントが追加されて10番台に上がってくると思います。問題は怪我の状況ですね。長引かずに次の大会ではぜひ勝ち進んでほしいです。

それにしても、ナダルジョコビッチは不動のポイントを稼いでいます。とりあえず全仏と全英まではトップ4位くらいまではランキングの変動は無いと思います。4大大会は優勝すると3000ポイント付与されるので、これで一気に上位ランクに食い込みます。一方で、ナダルジョコビッチはコンスタントにこうした大会で優勝しているので、ランキング上位にいつもいるわけです。

次の全仏もナダルが優勝筆頭ですから、ナダルのトップはまだ揺るぎそうにもありません。ただし、全豪で腰を痛めたのが気になります。その影響がでなければ、まだまだトップの差は埋まりませんね。

ところで、現在ドバイテニス選手権でフェデラ―が勝ち進んでいます。準決勝でジョコビッチと試合するので、決勝の相手が誰かわかりませんが、優勝すれば現在のランキングを1つ上げるかもしれませんね。