Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

身近に借りることができるテニスコート

前回から引き続きコートネタです。まずテニスを始めようと思った時、意外にもテニスコートが見つからないということがあります。日本は国土もあまり広くないため、元々、テニスコートを多くつくる敷地もなかったのですが、それを補うように隙間のスペースにテニスコートができていますね。例えば、屋上であるとか線路の高架下のテニスコートなど。

そんな状況で、特に都会にいくとテニスコートが借りられないということが多くあります。自分が住んでいた地域は田舎だったので、市が管理しているテニスコートは綺麗で使い放題でした。逆に都会に移り住んでから、テニスコートを借りようと思うと手続きとかいろいろ面倒で抽選(・_・;)でテニスコートの使用権を争うという形になり、結局あぶれてしまうことも。

ということで、ここでは身近に借りることのできるテニスコートについて紹介したいと思います。

・市が管理しているテニスコート

先ほど、都会では借りられないといっておきながら、やっぱり市が管理しているテニスコートの数は一番多いかもしれません。それに値段も圧倒的に安い!ただ、市が管理しているテニスコートの場合、借りる手続きが面倒な場合があります。田舎に行くと、そのへんが良い意味で適当というか、元々使う人も少ないですし、譲り合って使えばなんとかなります。しかし、都会の場合は人が多いのでキチっと使う時間もコートの範囲も分けておかないと後で文句を言われたりします。ということで、市に届け出をしてテニスコートを予約しておく必要があります。

これは必ずそういうシステムになっているわけではありませんので、借りるテニスコートの管理者を調べて、そこに聞いてみるのが一番早いと思います。

・大学敷地内にあるテニスコート

次に、意外と穴場なのが大学構内にあるテニスコートです。私立大学は国有地ではありませんから、おそらく部外者が勝手に出入りしてテニスコートを借りることはできないと思います。しかし、国立大学は図書館でも一般の方は利用できますし、テニスコートも使用できます。私が大学に通っていたころは、毎週日曜日になると、練習にきている親子がいました。大学になると部活動という熱心な活動ではなく、サークルというちょっとゆるーいものなので、多分日曜まで練習をがっつりやっている大学は稀です。きちんと、使用許可をとれば普通に使えると思いますので、これも各大学に確認の上、使用されると良いかと思います。

これについては、また別の機会に大学ことに使えるテニスコートを纏めたいと思います。

・テニススクールのコート

今までのテニスコートは低価格、若しくは無料で借りることができるものでした。しかし、民間の企業でも有料で貸してくれる場所はあります。例えば、テニススクールのコートです。ただし、1時間2000円(・_・;)!くらいするので、1人で練習しようと思うと大変です。ダブルスをやる人数4人を集めて借りるようにしましょう。

それでも1人500円は高いですね。市が管理しているコートならその1/4~1/5くらいなので200円くらいで借りることができます。どうしても借りれなかった場合の最終手段ですね!