Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ワウリンカってどんな選手?

全豪で優勝したワウリンカってどんな選手?そんな人も多いと思います。写真を見ると、イケメン、もてそうですね。

ただ、プレースタイルは結構じみーな感じです。どちらかと言えばベースラインではりつくタイプの選手。特徴的なのはサーブと片手バックハンドです。

 

特にサーブは特徴的です。サーブのお手本フェデラ―と比較すると良くわかるのですが、フェデラ―はボールをトスしてから左手を高くあげて、右肩を下げ、体のひねりをつかってボールを打っています。

また、ややジャンプして前に倒れることで全体重をのせています。

www.youtube.com

 

一方、ワウリンカはボールをトスしたあと、両足のヒザをしっかりまげてそのまま体重をのせるために、やや倒れ気味にボールをうっています。

フェデラ―が体全体の力を使っているのに対して、ワウリンカは膝をしっかり曲げることで、体重がしっかりとのったサーブが打てています。

www.youtube.com

どちらのサーブが体の使い方が上手いかと聞かれるとフェデラ―ですが、ワウリンカのサーブ方法も初心者にはおすすめです。

どちらかと言えば打ちやすく、体の使い方をそこまで意識する必要がありません。膝をしっかりまげて打てばワウリンカのサーブ方法にはなっていくと思います。

 

ワウリンカのバックハンド

さて、次にバックハンドです。他のシングルバックハンドプレイヤーと比べてワウリンカはあまりスライスを使いません。

ガスケもその1人ですが、ワウリンカはガスケよりもさらに力強いバックハンドを持っています。

そう簡単に打ち負けしないパワーもありますし、バックハンドから展開を変えるのも得意です。

例えば、シングルハンド得意のアングルショットで、外に追い出し返ってきたボールをストレートで決めます。また、フェデラ―のバックハンドと比べると、ワウリンカは左手の抑えをあまりきかせていません。

そのため、体は開き気味なのですが、おそらく強靭な手首によってストレートのコースも狙えています。

 

あとがき

ワウリンカは体の使い方が特別上手い選手ではないのですが、服から盛り上がっている胸筋かやがっしりした体型らもわかるように、フィジカルで補っています。

もちろん、フェデラ―と比較しているので、技術が劣っているわけで、めちゃくちゃ上手いのは言うまでもありません。

今季負けなしのワウリンカ、ますますの活躍が楽しみです!