Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ストロークを強くする方法を考えよう。

限界を超えて強くなりたい・・・!

パワーのあるストロークを打ちたいですか?プロのようなストロークを打つためには、まず筋力が足りてないので体作りから必要ですが、アマチュアでも、ある程度強いストロークを打つことはできます。

まずストロークのパワー源を考えます。ボールが飛ぶエネルギーは、ラケットがボールに当たったときの運動エネルギーです。それを生みだしているのは、ボールの質量×速度に他なりません。

ボールの重量は変化しないので、ストロークを強くするにはラケットを早く振り抜くことが必要です。

そう、鞭のように。多関節をイメージするように。

テニス選手は体が細い人でも活躍できる要因が先ほどの話で、強いストロークは、いかに早くラケットを振りぬくかということに集約されます。

その中に、スタンスだとか腰の使い方、下半身の動き等様々あるのですが、要は上手くラケットに力を伝えたもの勝ちです。ストロークを独学で上達させたいなら、この4点セットを購入しても良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、要はラケットのスウィングスピードを上げることが必須と言えます。では、ラケットのスウィングスピードを上げるには?ヒントは錦織圭選手の練習動画にありました。

www.youtube.com

アップをしているので、まだ抑えていると思いますがそれでも早い振りぬきですね。次はマレ―の練習風景を見ます。

www.youtube.com

マレ―の方がさらにスウィングスピードが速く見えます。ボールが当たる瞬間に一気にラケットを加速していますね。まず重要なポイントは、けっしてテイクバックしているときからガチガチに力をいれないことです。

力を消す。

良く言われているのは腕を「ムチ」のようにしならせて打つことです。ムチはしならせて打ちますね。自分の腕自体が、ムチだとイメージしましょう。【送料無料選択可!】もっと上手くなる動作の秘密 スポーツ障害と身体の仕組み[本/雑誌] (単行...

ただし、注意しなければならないのは、手首をしならせるとボールとのインパクトのときに手首がぶれてボールが上手く当たらないことがあります。

ラケットを加速するときはムチをイメージしつつ、ボールが当たる瞬間はグリップをしっかり握って、手首をつくる方が無難です。

また、さらにスウィングスピードを上げるためには「ワイパースウィング」という最後のひと押しが必要。これは余裕がある人だけやればいいです。無理に習得する必要は全く無し。

では最後の動画をみてみましょう。これまた錦織圭選手の練習風景

www.youtube.com

最初のアップとは比べ物にならないほどのスウィングスピードですね。

一瞬すぎて良くわからないのですが、何回もみていると、ラケットヘッドがフォロースル―までぐるっと円を描くように回っていますね。

ワイパースウィングは、手首を使って雑巾で窓を拭く動作(ワイパーの動き)を思い描いてください。

ラケットがインパクトする瞬間にライパースウィングをするとさらにスウィングスピードが上がります。

 

あとがき

今回はストロークを強くする方法を紹介しました。まず、力まないこと、腕を鞭のようにしならすことをイメージしましょう。ま、言葉だけだとイメージしづらいかもしれません。そんな時は、youtubeの動画を見てプロのスイングをチェックしたり、テニスの極意を読むのがおすすめ。

テニスジャーナルっていう有名なテニス雑誌の技術解説書です。DVD付きなので1つ持っておいて損はないかと。youtubeだけだと、どうしても手元やストロークだけに注目できませんから。物足りなくなったら是非。