Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ポストフェデラ―:グレゴリーディミトロフ特集!

かねてより注目していた片手バックハンドの選手:グレゴリーディミトロフ。私が注目し始めたころの世界ランクは40位台でしたが、最近、活躍しはじめて20台まで上げてきました。

さらに、シャラポワと付き合っているというだけあって色んなメディアにも出始めているイケメンです。見た目もさることながら、メディアに注目されているのは、そのプレースタイル。華麗なバックハンドや、ベースライン、ネットプレー両方で戦えるオールラウンドスタイルのプレイヤーです。

子供の頃から憧れていた選手はフェデラ―やサンプラスということで、そのプレースタイルもうなずけますね。

ただし、まだまだ世界のトップ選手とやりあうには力が足りないです。下の動画はラファエルナダル対ディミトロフの全豪オープンの試合。

www.youtube.com

この08:40秒あたり、ナダルが執拗にディミトロフのバック側に深いボールを打っています。それに対してディミトロフは、ベースラインから1m以上離れて位置まで下がって打とうとしています。ディミトロフの姿がみえません。つまり、ナダルのエッグボールはベースライン際に落ちると、そこまで跳ねるということです。

フォアならば、対応できるかもしれませんが、片手バックハンドだとなるべく早いタイミングでボールを打たないと、詰まってしまいラケットが振りぬけません。ディミトロフも、まさにそのような状況でナダルにウイナーを決められました。

ただ、ディミトロフも積極的に攻めていますね。それでもナダルに力負けしているのか、フォア、バック共にストロークが浅いです。それに比べてナダルのボールは全部が深いので、終始攻められていました。

それと、ディミトロフはサーブがものすごくいいです。突き刺さるようなファーストサーブでナダル相手に4本のエースをとっていました。

蛇足ですが、ナダルの頭皮が・・・(--;)私が学生の頃はつやつやの長髪ヘアーだったのに、今はガサガサもじゃもじゃで完全にはげそうです。。。ナダルのお父さんかお爺さんの影響でしょうか。それとも、テニスのストレスでプロ選手も大変です(・・)