Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

初心者にありがちな失敗(ストローク編)

これはズバリ「腕で打とうすること」です。初心者の方にありがちというか、上達しない人全般に言えるかもしれません。また、そういった方に特徴的なのが「体が又は腕力んでいる」ということです。

テニスは体のバネを使って打つスポーツです。実際に試してみても良いですが、腕に全力を込めたときと、脱力してボールを捉える瞬間だけ力をこめるのと、どちらが、ラケットを早く振りぬけそうですか?

当然、後者ですよね。それは腕に力が入っている、つまり腕でボールを打とうとしているからです。腕はあくまで脚の力、腰のひねりによる力を伝えるためだけのものと意識するといいかもしれません。

また、初心者の方にありがちなのは、「脚が棒立ち」になっていることです。テニスには瞬発力が必要です。左右前後に一瞬で移動する必要があります。そんなとき、脚が棒立ちのままだと、一度どちらかの足に力をためないと駆け出すことはできませんよね。よって、テニスの基本姿勢では、つねに膝を軽く曲げている状態でいます。慣れないうちは気持ち悪いですが、中々出来ない人は、一度その場でジャンプしましょう。ジャンプして着地すると膝が曲がった状態になるはずです。

それをキープするようにしてください。