Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

テニス選手(錦織圭選手)は年間何試合をこなしているの?(野球選手と比較した。)

世界のトップ選手たちはどれくらい世界ツアー(国際試合)に回っているのでしょうか?

テニスの世界ランキングは、国際試合に参加するだけでポイント追加されるので、まず1年間に多くの試合に出場することが重要です。

また、当然試合に勝つことでポイントは大幅に追加されます。

 

特に4大大会で優勝すると3000pt追加されるので(2000ptだったかな?)、ワウリンカは一気に世界ランク3位まで上がりました。

また、当然プロ選手ですから大会にでて賞金を勝ちとる必要があります。例えば、われらが錦織選手の年間ツアーのスケジュールを見てみましょう。

一番上の試合から12月→1月という並びになっています。

ブリスベン国際/ブリスベン(オーストラリア) BNP パリバ・マスターズ/パリ(フランス) スイス・インドアーズバーゼルバーゼル(スイス) 上海 ロレックス・マスターズ/上海(中国) 楽天ジャパンオープンテニス/東京(日本) デビスカップ ワールドグループ プレーオフ/東京(日本) 全米オープン/ニューヨーク(アメリカ) ウエスタン&サザン・オープン/シンシナティ(アメリカ) ロジャース・カップ/トロント(カナダ) シティ・オープン/ワシントンD.C.(アメリカ) ウィンブルドン/ロンドン(イギリス) ゲリー・ウェーバー・オープン/ハレ(ドイツ) 全仏オープン/パリ(フランス) イタリアBNL国際/ローマ(イタリア) ムトゥア・マドリッド・オープン/マドリッド(スペイン) バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル/バルセロナ(スペイン) ソニー・エリクソン・オープン/マイアミ(アメリカ) BNP パリバ・オープン/インディアンウェルズ(アメリカ) デルレイビーチ国際/デルレイビーチ(アメリカ) USナショナル・インドア・テニス選手権/メンフィス(アメリカ) 全豪オープンメルボルン(オーストラリア)

 

つまり、年間ざっと23大会くらいです。1ヶ月2大会出場しているわけですね。これを見ると4大大会って意外とスケジュールがタイト。

全豪終わって3カ月後に全仏、1カ月後にウィンブルドン。1年間、これだけ国際大会に出場していると、体の調整が本当に難しいと思います。

 

テニスの試合というのはトーナメント方式がほとんどですから、勝ち続けるほどに試合数が多くなり体の負担がでかくなります。

2013年の錦織選手の実績ですと、年間23大会に出場していて、年55試合くらいやっています(-_-;)!!

 

あとがき

え!?日本のプロ野球はリーグのトータルで144試合。例えば先発ピッチャーの登板数は日本記録で51試合だそうです。

しかも、野球の場合は9回まで投げ続けることは100%ありえませんから、実際の試合出場時間からすると短い。

 

テニスの場合はタイブレーク方式があって決着がつかない場合もありますし、試合時間は3、4時間くらい簡単にいきます。

そう考えると、テニス選手がいかにタフなお仕事がわかるでしょう。プロ野球を下げているわけではありませんが、テニスは間違いないくきついスポーツです。

最近の錦織は痛み止めを飲んで試合に臨んでいるくらいだし、相当タフですよ。