Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

硬式テニスで脇を締める理由と、締めなくても良い理由

ヤフーの知恵袋にこのような質問が(一部省略)。

テニスのフォアハンドの打ち方についてです。腕は伸ばして打てるものでしょうか?一昔前と打ち方が違いますね。フェデラーなどのフォアのスローモーションをみると腕を伸ばして打っています

面白い質問です。確かに普通は脇を締めて打つというのが基本。脇を締めないと打ちにくい。とか、力が伝わりにくい等言われました。

 

フェデラーは脇を閉めない。

僕が高校生の頃は「脇を締めて打て!」と言われていました。でも画像を見ると、フェデラ―のショットは脇を締めてません。

f:id:tyazukesantamaria:20160505153729p:plain

 

物理的に考えると脇を閉めない方がいい。

物理的な観点から言えば、腕を伸ばしている方が合理的。少ない力で玉を返球することができます。

 

 

 

 

 

 

理由は簡単。テコの原理です。以前、当ブログでもストロークとテコの原理について説明しましたね。

tenisu-joutatu.jp

つまり、長い方が遠心力の力が強くなります。腕を伸ばすメリットはここにあります。

ただし、そう単純な話ではないです。なぜなら腕を伸ばすことで「自身の腕の重さ」が常に自分の腕に作用します(重力の影響)。

試しに、何も持たずに腕を伸ばしてください。負担を感じるはずです。さらに、ラケットの重量分、腕に作用する力は増えます。腕を伸ばした打つことは腕の負担が大きいのです。

 

脇を閉めるメリットは腕の負担が小さくなること。

その点、脇を締めると肘が支えになります。腕の長さが短くなる分、負担は小さくなります。

これが、脇を締めるメリットです。腕の筋力が不十分なうちは、腕を伸ばすことはお勧めできません。

ところで、トミーハ-スのフォアを見ると、確かに脇がしまった状態で打っています。

f:id:tyazukesantamaria:20160505155622p:plain

硬式テニスでストロークのパワーを生みだすのは、「スウィングスピード」です。なぜなら、ボールの持つ運動エネルギーは、運動をする物体の運動エネルギー は、質量 m と速さ v の2乗に比例するため。

腕を伸ばして振るのと、脇を締めて振るのでは、断然後者が有利。スウィングスピードが速いです。

しかしそれは、あくまで筋力が同様であると仮定した場合。もし、腕を伸ばしていても凄まじいスウィングスピードを発揮することができれば、さらに遠心力の効果が加わったストロークが打てます。

 

 

 

 

 

 

 

脇を締めた方が距離感がつかみやすい。

ボールとラケットとの距離感は通常ラケットを持っていない手(右利きの人なら、左手、左利きの人なら右手)で測ります。

脇を締めると左手の位置と右手で持っているラケットとの位置関係に誤差がありません。左手を使うだけで、ボールを捉えやすくなります。

一方、腕を伸ばしているとボールから離れて打つので、ラケットとボールの位置関係がつかみにくいですよね。

 

結論 両方正解。

以上、テニスのストロークにおいて「脇を締める」のも正解。「脇を締めない(腕を伸ばす)」のも正解だと考えています。

でも、初心者におすすめなのは、「脇を締める」フォームです。ストロークに慣れるまでは腕の負担が少ない『脇を閉める』フォームにしましょうね。