Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

スマッシュを当てるコツ

テニスの決め球は、アプローチ→ボレー→スマッシュという順にスマッシュが最後の決め球です。浮いたボールは完全なチャンスボール、プロはいとも簡単に決めてしまいますが、これがなかなかジャストミートしないって人も多いと思います。

要するにタイミングが取れていないということなんですが、コツはサーブのときと同様に左手をきちんと伸ばして半身の状態になること。

ボールが浮いた!と思ったら半身の状態になって、ボールのタイミングをとると良いと思います。その後、コンパクトに叩くことが重要です。わかりやすい動画を見つけたので参考にしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=6JVG07vIV30

特に、スマッシュを失敗する人の多くは、落ちてくるボールの予測ができていません。これは、左手によってしっかりタイミングをとるようにしましょう。さらに、体を半身にすることで、ボールをコントロールしやすくなります。体が開いている状態ですと、中々コントロールが利きませんし、クロス方向へ打つことが困難になります。

その点、体を半身にしておくと、どちらの方向にも対応できます。

実は、私もスマッシュでゲームを決めると言う場面にあまり出会ったことはありません。プロの試合をみていても、スマッシュを打つときは少ないです。こんなことを言うとおこられるかもしれませんが、重要度は他のショットに比べると低いのではと思っています。

ただ、必ず打つ場面は出てきますし、スマッシュを打てるボールというのは外すと非常にカッコ悪いので、綺麗にうてるようにしておきたいですね。