Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

テニス ポーチのタイミング

ポーチの出るタイミングって難しいですよね。出ればストレート抜かれるんじゃないかとか、失敗するんじゃないかとか色々考えてしまいます。逆にポーチに出れそうな時、「あ~でれなかった~」ってことも少なくありません。

これは、ポーチの出るタイミングが適当になっているからです。自分の中でポーチにいつ出るか?ということを明確にしておく必要があります。下の動画はダブルスの名手、ブライアン兄弟の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=ie50zKLXz0Q

まず前衛はダブルスコート部分から、かなり中に入った位置にいますね。ストレートを抜かれる可能性もありますが、そギリギリカバーできる位置でしょう。

①サーブがセンターに入ったときポーチを意識する

例えば、ワイドにサーブが入った場合ですと、相手のリターンはストレート、クロスという2つの選択肢が生まれてしまいます。つまり、ストレートが来る可能性もあるため、うかつにポーチに出にくい。もちろん、テニスの定石はクロスラリーですから、サーブがワイドに入ったとしても、相手がクロスに打つ可能性の方が大きいです。しかし、ワイドにサーブが入った場合、相手がきわどいアングルショットを打ちやすくなります。すると、こちらもポーチに出る距離が非常に長くなり、結局ボールに追いつけないことが多いので、サーブがワイドに入ったときは、下手に動かずに見守っておくのが無難です。

逆にサーブがセンターに入ったときはチャンスと考えてください。センターに入ったボールを、ストレートに打つためには相当な技術が要りますし、ほとんどの場合はクロスにリターンしてくるでしょう。それがわかっているからこそ、迷いなくポーチにでることができるのです。また、ストレートに入ったボールを角度をつけてダブルスコートのギリギリに打つことは難しいです。ですから、大体のボールは走ってとれる位置に飛んできます。スピードが付いていると、中々手は出せないのですが、センターにサーブが入ったときは常にポーチに出れる準備をしておきましょう。

②ラリーでもセンターにボールが入ったときはチャンス

これも①と同様に、ワイドよりに切れたボールが入ったときは、相手にはストレートという選択肢があります。しかし、センターかボディよりにボールがはいれば、相手には逆クロスという選択肢もあるにはありますが、かなり技術がいります。どちらかと言えば、クロスに打つでしょうし、これをポーチにでましょう。