Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

錦織圭選手のプレースタイルの特徴

攻撃的選手に分類できる。

大まかなプレースタイルはベースラインプレイヤーですが、ストロークだけで決めるわけではく、チャンスがあれば積極的に前へ詰めることのできる攻撃的選手です。

オ―ルラウンダ―というと、フェデラ―みたいなサーブアンドボレーもできる選手と区分したいので、やはり攻撃的ベースラインプレイヤーかなと思います。

錦織選手のグリップはセミウェスタンからウェスタンで、すごくわかりやすいオープンスタンスです。体が完全に真正面を向いています。ウェスタンの握り方は最近主流です。

 

 

 

 

 

 

 

The・オープンスタンス

オープンスタンスは体幹を軸に体のひねりで打つ構えです。スピードボールに素早く対応することができるオープンスタンスは合理的です。現代テニスではオープンスタンスが基本ですね。 但し、体に負担が大きい打ち方です。体幹(体幹とは大まかに言うと腹筋と背筋のこと)を、しっかり鍛えないとすぐに故障します。

これらを鍛えることで軸がぶれなくなり、左右前後に振られたときでもショットが安定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

圭のプレー動画を見ましょう。

www.youtube.com

これは2014全豪オープンでのドナルドヤングとの試合です。対戦相手のヤング選手はジュニア時代「天才」と呼ばれていた錦織と同世代の選手、油断できません。

今大会でも、序盤から非常にアグレッシブで、錦織選手の攻撃を上回って圧倒しています。

その証拠に、クロスラリーだけではなく、オープンコートへボールを打ち錦織選手を左右へ走らせています。(簡単そうにストレートへと軌道を変えていますが、凄く難しいことなんです)

また積極的にネット前に出てプレッシャーをかけています。逆に錦織選手は、ヤング選手の攻撃に推されてウィナーを次々と決められます。

 

 

圭の異名はメンタルモンスター

しかし0-3となったゲームの後、海外では「メンタルモンスター&タフネス」の異名を持つ錦織、そこから一気に5-5まで追い上げ7-5でゲームを決めます。

恐るべきメンタル。通常テニスで常勝するためには、『自分のサービスゲームを獲る』ことが不可欠です。

なぜなら、唯一自分から打てるサーブは非常に有利だからです。よって、序盤にサービスゲームを落とした錦織は不利と言えます。しかし、0-3から巻き返したことで逆に、ヤング選手へ焦りを与えることができました。

錦織選手は、昔に比べて攻撃の展開を造るのが上手くなっているのと、展開を自分からよく変えています。

ヤング選手を左右へ散らして走らせていますね。逆に自分が走らされたときは、持ち前のフットワークで粘り強くボールをとる。これも錦織選手の魅力です。

一番良いところは、自滅のミスが大分減りました。錦織選手はネットミスがかなり多かったのですが、ヤング選手との試合では自分からのミスは減っています。

コーチのマイケルチャン仕込みの練習が早くも成果が出ています。今後も、この2人のタッグでツアー優勝をかっさらって欲しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

錦織選手のグランドスラム最高プレーを見よ!

錦織選手が全米オープンで2位になった有志がDVDになって発売されてます。大会の規模共に、これまでの日本人選手の歴史で最高成績を打ち出した大会が全米オープン。

これは見るっきゃないでしょう!

全米オープンテニス2014 [DVD]

全米オープンテニス2014 [DVD] 価格:5,184円(税込、送料別)