Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ドロップショット 打ち方のタイミング

テニスで一番きつい動作は横移動ではなく、前後の移動だと言われています。左右に振られたとしてもなんとか動けるんですが、急にネット前ギリギリにドロップショットを打たれると心折れますよね。仮にとれたとしても、相手は相当疲れるはずです。

では、ドロップショットはどうやってうつのでしょうか?打つタイミングはいつでしょう?

 

①定石を覆してみよう。

ドロップショットで共通して重要なのは、定石を覆すということです。フェデラ―の動画を見てみましょう。

http://www.youtube.com/watch?v=ZN5NOr_JI5w

例えば、2番目のマレ―戦。これはフェデラ―が相手の浅いボールに対して前に詰めています。定石なら、このままの勢いでアプローチショットを打ち、さらに甘いボールをボレー又はスマッシュで叩いて決めます。それを相手もわかっているので、ベースラインにはりついていますね。

しかし、このとき相手はフェデラ―の術中にはまっていました。つまり、アプローチショットを打つぞ!という前への速い詰め方をしておきながら、ネット前ギリギリのドロップショットを打つことで、一瞬反応さえできていませんでした。練習や試合でも、このような場面はかなりおきます。特に、強いストロークを打つならスピードのあるボールを警戒するはずですから、余計にドロップショットが効いてくるわけです。

 

前に打ったショットとの緩急をつけよう

次に重要なのは、ドロップショットを打つ前のショットとの緩急をつけるということです。ドロップショットを打つぞ打つぞ~という雰囲気をだして打っても、それはただのチャンスボールを相手に与えているだけです。重要なのは緩急です。ナダルの動画をみてみます。

http://www.youtube.com/watch?v=D7RFTi5lCLA

このとき、ジョコビッチナダルは互いの左右へ強烈なストロークを打ち合っています。ドロップショットを1つ前のナダルのショット、相手のベースラインへとても深いボールです。これに対してジョコビッチのボールは少し甘くなってしまいました。これまでの、両者の打ち合いから考えると、スピードのあるボールで前に詰めそうなのですが、ナダルはその意識を逆に利用して柔らかなドロップショットをはなっています。まさにお手本のようなショットですね。

ドロップショットは勇気のいる技です。少しでも浮くとチャンスボールになってしまいますし、相手のフットワークが良いと、簡単に取られてしまいます。それでも、タイミングのコツさえつかめば成功する確率は高くなりますし決まったらかなり気持ちいいです。皆さんも、そんなドロップショットを練習してみてはいかがでしょうか!