Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ジョコビッチのグリップ

ジョコビッチの練習風景です。

www.youtube.com

これを見ると、ジョコビッチのフォアの握りはそんなに厚くもなく、薄くもない握りですね。現在、主流となっているセミウェスタンだと思います。つまり、1-2の間もしくは2に親指と人指し指の間がくるように握っていると思います。

f:id:tyazukesantamaria:20160505163553p:plain

 

そういえば、プロ選手の練習風景をみていると、フォアのショットを打ってフォロースル―の後、肩が少し前に出ていますよね。私たちも練習をしていると、そうなることがあるのですが、次の展開に遅れるので、肩が出ないようにしようと良く教えられてきました。うーん、実際のところどうなんでしょうか。

ところで、ジョコビッチといばフェデラー、ナダルの2強時代に終止符を打った最初の選手です。その後マレーが台頭してきます。

 

ジョコビッチはテニスの強さもさることながら、どちらかといえばテニス以外の面でも注目されます。それは愛くるしいキャラクター。

まるで芸人のようなフットワークの軽さでシャラポワの女装や物まねをしたりします。テニスでもエキシビジョンマッチ(本戦には関係ないお楽しみの試合)が良く行われるのですが、毎回ジョコビッチはムードメーカーとなって声をかけます。

根暗な人が多いテニス選手にあっては貴重な存在ですね。次は一気に3位に駆け上がったワウリンカです。

 

追記

ジョコビッチの強さの秘密は、体幹です。変な体勢になっても、力が乗ったショットを打つことができる。

こんな基本的なことを極めたことで頂点に立った人です。よく知られている話だと、元々はすぐ体調が悪くなる選手でした。

 

その原因が「グルテン」。小麦に含まれているでんぷん質です。グルテンアレルギーは意外と多くて気づいていない人も大勢らしいのですが、これを食べないことで、体の動きが抜群に軽くなったそうです。

グルテンを摂らない=小麦を食べない=パンやケーキ、ピザは食べないことで、アスリートって大変な食生活ですよね。