Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

2014全豪オープン ナダル対錦織 考察

youtubeに上がっている動画ですが、ナダル選手(以下、ナダル)対錦織選手(以下、錦織)の試合をみました。ざっと考察していきたいと思います。

www.youtube.com

 

・ナダルの戦い方

僕が見た限りですと、ナダルの防御での光る部分が多かったと思います。もちろん、要所での攻撃で素晴らしいものがありました。しかし、錦織がナダルの予想以上に攻めていたのと、膝の影響かスライスを上手く使って粘り強いテニスをしていました。

錦織としては、「こんなに攻めているのに決まらない」という焦りやストレスでミスが増えていたように思います。

もう1つはナダルのサービス。こ今大会ではワイド、ボディ、センターとサーブのコースを1ゲームのなかでかなり散らしていたように思います。錦織も序盤はこれに戸惑っていました。サービスのスピードとしてはナダルの方が遅いくらいだったにも関わらず厳しいコースと予測させないコース選びでサービスエースも多かったと思います。

 

・錦織の戦い方

錦織はかなり攻めていました。ゲームの中でも有利な展開はかなりあったと思うし、1セットもとれませんでしたが、ゲーム内容をみればかなりの接戦だったことがわかります。ナダルのエッグボールは跳ねる前に叩きこむのが良いです。それをかなり練習してきたのか、錦織は、かなり早いテンポで深く、横に振りナダルを走らせていました。

それでも誤算だったのはナダルの驚異的な粘り。この粘りによって、焦りとストレスが生まれ、要所要所のポイントをとられていました。それと、錦織は攻めている場面でイージーミスが見られました。世界ランキング1位を相手に自滅するミスは致命的となります。

それでも、ナダルが苦しんでいたのは事実ですし、錦織の実力がナダルに通用しはじめているということが改めてわかりました。ナイス!マイケルチャンコーチ!!

1つ不安なのはハードワークを重ねていることや、オープンスタンスによる腰や下半身の捻りによる、故障です。錦織選手はけっして怪我をしないタイプではありませんから、しっかりケアして次のオープン戦に臨んでほしいです。

それと、錦織選手にはぜひ!トップ10入りしてほしいですね!同郷(管理人も島根県出身)として、地元からスターが生まれるのは嬉しい!応援してます!!