Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ギリェルモ・ガルシアロペスのプレースタイル

今回はガルシアロペスのプレースタイルについて特集します。スペイン出身のATPランキング27位、トッププロの中では強い方です。年齢は32才でテニス選手としては終盤に差し掛かりました。

 

錦織選手に1セット奪った実力は本物

2016年の全豪オープンで錦織選手と対決。1セットを奪った実力ある選手です。南米特有の厚いグリップで片手バックハンドも力強い。

https://www.youtube.com/watch?v=nCy6fAuM3jQ

 

コートカバーリングはお手の物。

南米選手の特徴の1つ。とにかく走ってボールを追いかけること。この選手もとにかく走ってボールを追いかけます。

 

守りを知らない負けず嫌いな選手。

錦織選手との試合を観て一番思ったのは、『負けず嫌い』ということ。相手の攻めに対して攻めで対抗する。普通なら守るんですけど。ガルシアロペスは相手の強いショットを、さらに強いショットで決めようとする。負けず嫌いだなあと思いました。

 

ストロークが雑になるのが欠点

そんな負けず嫌いが仇になっている点がいくつかあります。ストロークが雑になってネットにかかる場面とか。これが何回もありました。自滅はもったいないミスですよね。今、27位に甘んじている理由の1つでしょう。

 

早いタイミングのストロークが得意。

ただ、本人は遅い攻めが嫌いなのかも。ワウリンカとの対決を観ると速い展開はガルシアロペスが押し切っている場面もあります。

https://www.youtube.com/watch?v=so-2qdMk4TE

強いショットをライジング気味に返して、相手の不意を衝くショットもありました。相手が構える前なので効果的です。ワウリンカのストロークをネット前で受けてもボレーで返します。普段からスピードボールに慣れている証拠。

本人は早い展開が好きで、今の短期決戦型のプレースタイルをしているのですね。

 

キャリアも終盤。良い終え方を。

ガルシアロペスも年齢があっという間に32才。テニス選手のキャリアは長くても35才くらいまで。年々長くなっていますけど。

今年は錦織選手と良い試合をしました。キャリアの終盤に差し掛かっているので、良い終わり方をしてほしいですね。