Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

男子に続いて女子も?!ダサウェアを着てしまう女たち4選。

男子よりは服に興味がある女子プレーヤー。でも下手に服が好きだからやっかいかも。男子の場合、服に興味のない選手は無地Tシャツが多くて可・不可なくといった具合でしたけど、女子選手の感性は特殊過ぎます汗。

ということで男子に続き、僕の目を引いたダサウェアを着てしまう女たちを特集!

 

失敗例1.コントラストが強すぎる(セリーナ・ウィリアムズ)。

前回、紹介した失敗の1つ。ウェアのコントラストが強すぎて目が痛い。ウェアは目立てばいいってもんじゃない。

 

 

失敗例2.服が特殊すぎる(ビーナス・ウィリアムズ)。

姉妹揃ってなにやってるんですか。これ↑、よく大会側がOK出しましたね。服と、これを選んじゃう感性が特殊すぎてコメントできません。

普通こんなウェアきてテニスできませんから、流石ビーナスといったところですね。メンタルが半端ないです。

 

 

失敗例3.体育の水着ですか?(ティメア・バシンスキー)。

ん?体育の水着加工したウェアかな?マニアにウケそう。白のフチと胸元周りが非常に間抜け。

 

 

失敗例4.色が多すぎる(エリナ・スビトリナ)。

あー、テニス選手がよくやっちゃうミスですね。ウェアに採用する色は少なくしよう。沢山色を使うほど観客はあなたから視線を逸らそうとしますよ。

太って見える服ですね。

 

失敗例4.遠くから見たら全裸(ビクトリア・アザレンカ)。

遠くから見たら全裸に見えるかも。コントラスがなさすぎます。素材もよくありませんね。お腹のポッコリか腹筋かわかりませんが、シルエットが汗で浮き出ています。

 

あとがき

よ・・・ようやくこのシリーズを終えることができる(バタッ)