Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

テニスの基本姿勢

ボールを待つ時の構え

テニスをするとき、足が棒立ちでは下半身の力を伝えることができません。よって、テニスをするときは、必ず膝を軽く曲げた状態でいます。これが基本的な状態です。相手のボールを待っているときの状態は、膝を軽く曲げ足は肩幅くらい開きます。さらに、ラケット両手でもって待ちます。

この状態で相手がテイクバックをしたときに、こちらはスプリットステップをしてボールに対する反応を早くします。ボールが届く前にテイクバックを終了し、あとはボールを振りぬきます。

 

膝をしっかり曲げよう。

テニスは腕の力はあまり必要がないと言われています。それは、下半身の力が重要だと言いかえることができるかもしれません。その重要な下半身のパワーを伝えるためには、必ず膝は曲げ、脚は肩幅くらい開いた状態を維持しましょう。意外にもこの基本姿勢をわすれて、足が棒立ちの方がたくさんいます。それでは、ボールにパワーを伝えることができないか、手打ちになってしまいますので、注意しましょう。

 

少しジャンプをすると良い

最初のうちは意識していないと、膝を曲げるということを意外と忘れてしまいます。それは緊張や、始めてやることですのでしょうがないです。膝を無意識で曲げる方法として、軽くジャンプすると良いです。ジャンプして着地したときに、人は無意識のうちに膝を曲げます。

なぜかというと、膝を曲げることでクッションの役割を果たし、足にダメージを与えないためです。ですから、テニスコートについてたら、一度深呼吸してから軽くジャンプすると、自然とヒザが曲がってテニスプレイヤーらしい姿勢になると思います。

 

テニスは常にリラックス

先ほど書いたようにテニスで重要なのは下半身の力です。初心者の方にありがちなのが、ボールを打とうとする意識が強すぎて「手打ち」になっているときです。手打ちのテニスになっている人は、上級者からすれば非常によくわかります。体がガチガチに固まっていて動作がぎこちないのです。

テニスでは、リラックスすることが重要です。力を入れる瞬間というのは、ほんのコンマ数秒だけです。それ以外は全て脱力している方がメリットが大きいです。テニスをしていて、体がガチガチに固まっている人、とにかく「打つぞ!」という意識を持ってテニスをしている人は、一度考えを改めて、リラックスするようにしましょう

繰り返しになりますが、テニスで力を入れる瞬間はコンマ数秒の、一瞬だけです。力が入ってしまったときは、深呼吸です。