Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

スクエアスタンスとは?

概要

構えの種類

テニスのストロークには大まかに分けて3つの構えがあります。1つはスクエアスタンスと言って、体をボールに対して横向きに構えてストロークをする方法です。私が高校生の頃はスクエアスタンスを最初に教えてもらいました。もう1つはオープンスタンスと呼ばれる体がボールに対して正面を向いたまま打つ方法です。ひとまず、オープンスタンスについては割愛します。最後にクローズスタンスといって、完全に体を閉じて打つ打法です。こちらも今回は省略します。

 

スクエアスタンスを覚えよう

さて、スクエアスタンスは最も基本的なストロークの姿勢です。なぜなら、溜めた力を非常に自然にボールへ伝えることができるからです。順番に説明します。スクエアスタンスでは重心移動(シフトウェイト)が重要になります。 まずテイクバックをして右足へ力を溜めます。→次に体重を右から左脚へ力を流れるように右足を蹴り左足を踏み込みます。→それと同時にボールをラケットの打点にヒットさせます。

体を横向きにして構えることで右から左(左利きの人なら左→右)へと力を伝えることで、ボールへ威力を伝えます。 さらに、スクエアスタンスはオープンスタンスのような腰のひねり最大限使うストロークに比べて体への負担も少ないと言えます。よって、一番最初のストロークの構えとしてはスクエアスタンスを覚えておくといいでしょう。

 

体が開きやすい人は?

わかります。僕も昔は良く体が開いていました。体が開く人は、ボールが意識していなくてもクロス方向へ飛んでいくことが多いと思います。また、体が開くと先ほどの、左から右への力の伝達が途切れてしまい、思うような力がでません。そういった体の開きを抑えるためには、「左手」が重要です。テイクバックをしているときの左手を思い出してください。この左手は体が開くのを抑える効果があります。よって、ボールが打点に当たるまでのギリギリまで、なるべく左手は開かないようにしておきましょう。すると、自然と体の開きは抑えられます。