Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

スイートスポットと自分の打点を知る。

スイートスポットとは?

簡単に言えばラケットの真ん中、ラケットにボールが当たった時、最も力強くボールを飛ばせる場所のこと。

スイートスポットはラケットによって異なり、例えばヨネックスのような少し四角いラケットとウェイルソンのような卵型のラケットではスイートスポットが違います。

要するにボールが当たって一番気持ちよく飛んでいく位置(ラケットの真ん中)です。

 

 

テニス=ラケットの真ん中に当てること

ラケットの真ん中にあてるということは、テニスにおける命題ですね。

自分は、なんとしてでもラケットの真ん中にあてようとします。相手は、ラケットの真ん中にあてさせないために、スピンをかけたりスライスをかけたり、左右前後にボールを振ったりします。

安定してスイートスポットにあてることのできる人はプロ選手くらいです。

どんなに上手い人でも、フレームに当たったり、ラケットの端に当たることがあります。

 

特に初心者のうちはラケットの真ん中にあてることがとても難しいです。ボールとの距離感がつかめていないからです。この感覚をつかむためには練習をするしかありません。

 

自分の打点を知る。

テニスのストロークはテイクバックやラケットのスイングから人それぞれで、打点は違います。ですから、自分が一番力を出せる打点は必ず知っておきましょう。

これを調べる方法は簡単で、ストロークでボールを打つ構えをキープしてください。その状態で誰かにラケットを押してもらいます。

こちらも、それにまけずラケットを押し返します。その中で少し前にラケットを動かしたり後ろにずらしてみます。

 

そうすると、ラケットに一番力が伝わる場所がわかるはずです。それがあなたの「打点」になります。

後はそのボールの位置まで自分がどうやって移動するのか(ステップ)、ボールを打つタイミングを調整するだけです。

 

ミスの多くは真ん中に当たってないから

初心者のミスのほとんどが、フレームショットやボールがラケットの真ん中に当たらないことによる、ネットミスです。

初心者の方はまだラケットの使い方や体の使い方に慣れていないため、意外にも「アウト」するというミスは少ないです。

 

その代わり、ボールに力を伝えられないということが多々あります。

それを解消するのが、ボールをラケットの真ん中にあてるということですから、初心者を抜け出すためにもスイートスポットを知り、ボールとの距離感を掴んでおきましょう。

 

初心者は本かDVDでスイートスポットの練習

いかがでしたか?初心者にとって、ボールを真ん中に当てるのが難しいかもしれませんが、練習あるのみです。

効果的な方法は、良いイメージを付けること。初心者には、この本がおすすめかな。DVD付きなのでイメージしやすいです。