Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

スプリットステップって何?

スプリットステップの効果

概要

テニスの初心者が見落としがちなのが「ステップ」です。テニスはボールに追いつくこと、ボールを打つためには素早く反応する必要があります。

その最も重要な基本動作が「スプリットステップ」です。

https://www.youtube.com/watch?v=WpCTNBDXmpc

動画を見れば一目瞭然なのですが、スプリットステップとは、相手がボールを打つ前に行う動作で、簡単に言うと「小さいジャンプ」です。

ジャンプというより、少し両足を浮かせるというくらいです。こんな動作をすれば逆にボールを打つタイミングが遅くなるのではないかと思われるかもしません。

 

ステップの効果

しかし、スプリットステップで重要なのはジャンプして着地した後に、「両足に均等に体重がかかること」です。

例えば、自分ではフォアに来ると思っているボールでもバックサイドに来ることがあります。

いざバックサイドにボールがきても、体重は右足にのっているわけですから、バック側に体重を切り替える動作で反応が数秒遅れます。

 

その点、スプリットステップをしておけば、フォアか?バックか?わからない状態でも両足に体重が乗っているフラットな状態でボールを待ち構えることができるので、どちらに来ても反応ができるというわけです。

 

 

スプリットステップを行うタイミング

スプリットステップを行うタイミングは、相手がテイクバックしたときだと覚えておきましょう。

なぜなら、相手がボールを打ってから、スプリットステップをしても、そのころにはボールが届いていますし、あまり早くステップをしても逆に無駄な動作となるからです。

 

スプリットステップは相手がテイクバックをしてとき、これを覚えてクセにするようにしてください。

スプリットステップは自分の動きを一度リセットするという意味でも効果的です。例えば、ネットに詰めるときが例に挙げられます。

ネット前に詰める前のストロークをアプローチショットと言います。このアプローチは、通常のラリーから相手のボールが浅くなったときに打つチャンスがあります。

アプローチを打った後、ネット前に詰めボレーを打つことが定石です。

 

ネット前に詰めるときもスプリットステップをする

アプローチを打った後というのは、体が前のめりになっているため、そのままの流れに身を任せてボレーにいきがちなのですが、そうすると相手に動きを見抜かれてストロークで抜かれてしまいます。

よって、アプローチとボレーの間には必ずスプリットステップを挟むようにします。これにより、一度、体をリセットして冷静になることができます。