Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

プロ選手の片手バックハンドを比較してみたよ。

このブログで散々取り上げている片手バックハンドの話題。ワウリンカ最高とか、フェデラーこそ至宝、ガスケは天才とか色々書きましたけど、結局、それぞれどう違うのよ。

ということを説明していきますよ。

 

まずはフェデラーから

まずは、世界のアマチュアプレイヤーに片手バックハンドを広めた「フェデラー」の片手バックハンドを見ていきましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=e17RjlfsDb8

「Amazing Backhands」というタイトルで、フェデラーの片手バックハンド特集をしています。打ち方はお手本中のお手本で、顎をしっかり引き、腕はムチのようにしなっています。

グリップは薄めに握られていて、ラケットタッチにすぐれています。これが、ストレート、クロス、アングルショットなど多彩なショットを可能にしています。

教科書通り、体はきっちりと半身になって、閉じた状態でショットを打ちます。肩の可動域が非常に広いのも特徴です。フォロースルーして、打ち終わったあと腕の開きが凄まじい。

また、トップスピンとスライスの判断がテイクバックやショットを打つギリギリまでわからない。つまり、ドロップショットに気づくのも難しい。

 

 

次はガスケ

フェデラーと比べると、少し味のある打ち方です。左手の抑えもあまり効いていませんね。しっかりタメを作るフェデラーに対して、体の遠心力を使って、パワーを作っています。

そのため、フォロースルーでは体が開きます。共通しているのは、顎をしっかり引いて打っていること。基本ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=4Z4f8Ia6nVQ

打つギリギリまでラケットに左手を添えているのが片手バックでも問題なく打てる要因です。

少し力みがあるかなー?と思いました。

 

 

ワウリンカは?

ワウリンカはガスケと似て、独特な打ち方です。打ち終わった状態が、半身ではなくオープンです。これも、体の軸に対して遠心力を使って打っています。よりパワーが出せる打ち方です。

フォロースルーに注目してくださいね。ワウリンカの体が相手の真正面を向いています。

https://www.youtube.com/watch?v=A82-O_u66h4

また、ワウリンカの必勝パターンに、クロスラリー→バックハンドのダウンザラインがありますが、ストレートを打つとき、体が真正面を向いている方が都合が良いのも事実です。

体型からわかるように、パワータイプの選手です。正直、打ち方の綺麗さで言えば平凡ですが、力技でトップクラスの片手バックハンドを身につけています。

トップランカーでもゴリゴリのパワータイプですね。

 

あとがき

今回は、片手バックハンドの3名手について書きました。この人たちはトップランカーなので有名ですよね。

その中でもフェデラーの片手バックハンドは、誰が見ても綺麗。いとも簡単にショットを打っているのが不思議です。美しいショットの秘訣は、鞭のようにしなる腕とクローズスタンスでしたね。

一方、ガスケとワウリンカはオープンスタンスでショットを打っていることが分かりました。フォアのオープンスタンスと同じ原理で、体の軸を中心に遠心力を加えてパワーを出しています。

 

次回は、もう少しマニアックな選手について紹介してきますよー。