Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

これを知ったら観戦がもっと楽しくなる!テニスの全英オープン見どころ3選。

テニスの全英オープンいわゆる『ウィンブルドン』は、毎年NHKでTV放送されるくらい有名なテニスの国際大会です。

え?あんまし楽しくない?ルールわかんないから見ない?

そんな!勿体ないですよ!ルールわかんなくても、これ知ったら観戦が楽しくなるのに!

 

海外セレブを探せ!

海外セレブはテニスが大好き!イギリスの大会だけあってロイヤル(皇室)も観戦に訪れます。日本の相撲と同じ。

去年の大会では、サー・ファガーソン(マンUの元監督)、ヒュージャックマン、イギリス皇太子夫妻他にも大勢。

 

セレブを探すコツは、決勝戦のセンターコートで一番前の観客席を見ること。この席はコートに最も近い。ゆえに100万円以上の額でチケットが販売されている。

この非常にハイレートな値段設定ゆえにVIPしか手を出せないのが理由。

 

 

真っ白な選手たちの衣装に注目!

ウィンブルドンは、テニスの国際試合で最も古い。単に古いだけじゃなく、格式も高いのです。

というのも、なんと選手たちには厳正な『ドレスコード』が義務付けられている。それは、全身『真っ白』な服装にすること。

シャツ・ズボンはもちろん、靴下やシューズ、髪留め用のバンダナに至るまで。全ての着用物が白で無いと許されないのです。白ベースの柄もNG。ほんとに真っ白のみ。

しかも、この数年でさらに厳しくなっています。昔は靴下の柄はOKだったんですけどね。また練習でも、ドレスコードが適用されます。

そんな中、選手たちもなんとか服装の個性を出そうと頑張ってきます(自分のスポンサーブランドが目立つ場面ですからね)。

選手たち精一杯のおしゃれを探してみるのも楽しいですよ?

 

雨が降ったら一時中断。ボールボーイの脚力を見よ!

ウィンブルドンの開催時期は、日本だと梅雨。実はこれ、イギリスでも同じく梅雨なんです。

雨が降ったら、どうすんの?はい、一時中断です。そうなると、コートがびちゃびちゃにならないか不安ですよね?

このため、雨が降りそうになった瞬間にボールボーイが恐るべき瞬発力で、コートにシートを引きます。これ見るの結構楽しいですよ。

 

実は、雨は厄介なことだけではありません。以前、こんなことがありました。それは、決勝戦の出来事。

アンディロディックフェデラーの試合。ロディックのビッグサーブに、フェデラーは押され気味。試合を優位に進められ、絶体絶命のピンチでした。

 

そのとき、幸か不幸か『雨』が降ったのです。本降りなったので、試合は一時中断し、両選手は控室へ。しばらくして、試合は再開されたのですが・・・

再開した試合で、フェデラーストローク重視からサーブアンドボレーやネットプレーを中心の、全く違う戦術で臨んだのです。結果、これが功を奏し、あっという間に逆転、優勝したのでした。

フェデラーにとって雨が自分と相手のプレーを分析する良い時間稼ぎになったのです。

 

 

あとがき

いかがでしたか?来年のウィンブルドンは、選手たちの周りに注目するともっともっと楽しく観戦することができますよ♪