Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

風が強い時にする硬式テニスの戦術

初心者

最近、風が強くないですか?風が強くてサーブは安定しないわ、ストロークはうちにくいで散々です。

でも逆に、風をうまく利用するテニスの戦術もあります。

 

 

追い風の場合。

自分のコートが追い風の場合、注意すべきはストロークがアウトになることです。思っているよりも風で流されるので、力いっぱい打つのは禁物。

かと言って、ゆるーく球を打てば相手に打ちやすいショットを与えてしまいます。

この時、通常よりもトップスピンの回転を多めにかけて下さい。そうすることで、少し力強く打ったとしても回転によりアウトにならずコート内に落ちます。

 

 

向かい風の場合

向かい風で注意すべきは、球がネットにかかったりサービスライン手前で落ちて、打ちやすいショットを与えてしまうこと。

この時は、球の回転量を少なめにフラット気味のショットを打つと良いです。すると、球は風に負けず伸び深いショットとなります。

 

 

風があるときはトリッキーショットを使ってみよう

また風があるときは、トリッキーなショットも使えます。例えば、向かい風のときネット手前で落ちるドロップショットが打ちやすくなります。

高いロブを上げても比較的コート内に落ちやすいため、ダブルスで前衛を抜く場合は有効です。

さらに、風が左右に吹いているとき、ワイドへ流れるサーブを打つと相手のエースを狙いやすくなりおすすめです。

 

 

あとがき

いかがでしたか?風が強い時は、テニスをするのも億劫になります。でも、試合中に風が吹くことはありますし、今回説明した戦術を身につければライバルと差をつけることができますよ。