Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ダブルスで勝てるようになった!『邪悪な配球』とは。

ダブルスは2人でコートを守っているので自然と試合が決まりにくくなります。コートカバーの範囲が半分で済むわけですからね。ということは、ダブルスで勝利するためには、オープンスペースを作って攻めるのが戦術としては定石です。

試合を支配する戦術『邪悪な配球』 は、聞きなれない言葉ですが、石田洋平氏が提唱するダブルスの戦術のことです。下の動画にちらっと紹介されているとおり。

https://www.youtube.com/watch?v=ev-vzgK9UOc

要するに、邪悪な配球は将棋の詰将棋のように相手の動きの2,3手先を読んで『次の次の動きで発生するオープンスペース』に配球すること。

ボレーボレーの状態になって、ワイドへ配球したなら相手はコレを拾いにワイドへ動く。すると中央にオープンスペースができる。定石なら、この中央へ配球して決めるんだけど、その1手を読んで、中央へカバーする相手の動きを先読みして、逆ワイドへ配球するというもの。

初心者同志の試合だと、ここまで深い読みあいは無さそうなので、正直使う場面がないかなと思います。逆にダブルス慣れしている上級者には、とても効果的な戦術かと。

 

この『邪悪な配球』 を身に付けたら、初心者は中級者に、中級者は上級者に勝つことができますね。とにかく、テニス知能の高い選手に効果的。DISC1では、ダブルスを組むパートナーとのコミュニケーションの重要性、および『邪悪な配球』 を行う上で必要な基礎テクニックを収録。

そして、DISC2の戦術編で『邪悪な配球』 の全貌を明らかにしています。動画で説明した以外の戦術を紹介します。とりあえず、石田氏の実績も半端ないし、この戦術の実績も立証済み。皆さんも試合を支配する戦術『邪悪な配球』を身に付けて上級者に下剋上してやりましょう。