Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

片手バックハンドを安定させたいならコレ

このブログでもトップクラスのアクセスが『片手ネタ』と『グリップネタ』なので。たまには、アクセス集めに片手ネタを投下します。

まあ、バックハンド打つとき全員が感じていることでしょうが、『ショット安定しない』。

これなんですよね。特に片手なんて、ひどいもので。スクールやサークルでも実践レベルで使えない人がほとんどです。

まずは、バックハンドの話抜きにしてショットが安定しない要因を挙げます。

  • 面がぶれている。
  • タイミングが合っていない。
  • スイートスポットにあたっていない。

大まかに、この3種類です。

 

面がぶれている。

まず、面が安定していない人は片手使いに多いです。打つたびに面がブレブレで、アウトになったりネットに引っかかったり、これでもかとミスを連発する人。

そんな人は、ボレーの時と同じようにインパクトのギリギリまで左手をラケットに添えておくと良いです。

 

タイミングが合っていない。

次にタイミングあっていない人。この人は、ステップを怠けている人に多い。バックだけじゃなくて、本当はフォアも打ててないんだけど、フォアハンドは利き腕を使えるので、手首の操作でタイミングを合わせることができてしまう。

そうじゃなくて、タイミングは足で合わせるのが基本。要は、あなたのステップは遅いんです。

 

スイートスポットにあたっていない。

最後の、あたっていない人はレベルスウィングがおすすめ。レベルスウィングとは、向かってくるボールの位置に合わせて水平に打ち返す技術で、そんなに難しくないです。

ラケットを振り上げたり、降り下げたり余計なことをするから、アウトやネットするんです。初心者のうちは、ボールの高さ位置に合わせて水平に打てばいいんですよ。

 

参考になりましたか?片手バックハンドは、試合で狙われやすいですけど安定したショットを身に付ければライバルに差をつけられますよ!