Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

バックハンドスライスのコツを説明しようか。

バックハンドスライス重要ですよね。防御でも攻撃でも使うことができるし、何より腕の負担が少なくて済むショットなので、長期戦に不可欠です。

僕の場合、スライスが苦手で雑誌を読んだりコーチの指導を受けて練習してたんですけど、いまいち良いイメージがつくれない。

 

フォアハンドと違って、安定したショットにならないのです。劇的に上手く決まることもあれば、相手のチャンスボールになる場合や、アウトにもネットにかかることもあります。

そこで数か月、バックハンドはスライスしか使わないという縛りを設けて、ひたすらスライスを使ってきました。

そして、最近ちょっとスライスの良いイメージが作れてショットが安定してきたんです。

 

まず第一に、「しっかりと肩を引くこと(アゴまで)」。

意外とこれで来てない人います。トップスピンのショットのときは、しっかり肩を引いているのに、手打ちが可能なスライスだと、肩を引かない人が多いこと。

肩を引いて体はクローズの状態にしておく方が、ショットが安定しやすいです。

 

第2に、面を作っておくこと。

片手バックハンドに言えることですが、面はラケットを握っていない手で固めておくと良いです。

結局、ショットの安定性はラケット面とボールが上手く当たっていないことです。ラケット面をギリギリまで作っておくと、ほぼその形でボールに当てることが可能です。

以上、2点を注意して練習することで格段にスライスが安定しました。ストロークレベルだと普通に実践で使えます。

後は、早いサービスのリターンで安定できれば、最高ですね。