Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

スプリットステップは横への意識を持つこと。

管理人は週1回でテニススクールに通ってます。サークルと違って、テニススクールだと練習メニューも比較的多いし、それなりにテニス好きで教える人が居るのがポイント高い。

だらだらとラリーするだけじゃなくて、きちんと上手くなる練習ができるってこと。この時は、コーチから言われて今まで間違えていたことを紹介します。

 

それは、スプリットステップです。

スプリットステップとは、ボールを打つ前の予備動作で、これを行うことで、ボールへの反応が早くなります。僕は、上に向かって軽くジャンプしていたのですが、これが間違いとのこと。

ステップの意識が上にいくあまり、逆に反応が遅れているというわけです。

では、正しい方法は?というと、横に足を広げるイメージでステップすること。ちょっと、足を広げるくらいがベターのようにです。確かに、こっちの方が足の着地時間は早くなるかも。

 

中々、これまでのクセが抜けきらないので修正に時間がかかりそうですが、基本的な点なのできっちり直していこうと思います。