Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

Wimbledon2015 ナダル対ブラウン ナダル不調?

ナダル対ブラウンのフルマッチ動画。

ここで、ナダルはブラウンに負けてしまうわけですが。そもそも、最近ナダル調子悪いですよね。

思ったような成績を残していないですが、原因が何か考えてみました。

https://www.youtube.com/watch?v=Z7eHZ1-UGYU

まず相手のブラウン選手はドイツ出身でドレッドヘアーが特徴。フォアとビッグサーバーが武器という、なんともまあ良くいる選手(といっちゃ失礼だけど)。

そんな前評判だったんですが、実際に試合を見てみると、そんな大味の選手には見えなかった。

 

試合を見た感想。ブラウンについて、ナダルについて。

むしろ、ドロップボレーを多用している根性ねじまがったトリックプレーヤー。

もちろん、サーブは早かったです。でもフォアストロークの凄さはイマイチ分からなかったなあ。

 

さて、一方のナダルは明らかに調子悪そうでした。持前のフットワークが出てない。序盤で足が止まっている。

もしかしたら怪我の影響が長引いているのか?とも思いました。あとストロークに深さがない。サービスラインあたりにバウンドするボールはブラウンの格好の餌食で、ドロップショットを決められていました。

 

逆に考えてみると、ナダルが足悪いの知っていてブランはドロップショットを連発してきたのでしょうか?

それなら作戦勝ち、横に走るよりも前後のダッシュがきついですからね。

あまりにもブラウン選手がドロップショットを多用しているので、そういった事前情報も入手して戦いに臨んだ可能性もありますね。

 

あとがき

ブラウン選手、次戦は敗退しますが、30才にして得た大金星。テニス界のキャリアも伸びていますし、期待される選手です。

そもそもナダルは芝が好きな選手ではありません。クレーコートが大得意ですからね。

ナダルは今後も不安です。元々が怪我の多い体質でしたが、全英オープンには、きっちりコンディションを整えて地方大会は控えてほしいです。