Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

ウィンブルドン2015 ガスケ対キリオス

ウィンブルドン2015が終わりましたね。

優勝はジョコビッチ。女子はセリーナ。フェデラーとセリーナを予想していたけど、やっぱりジョコビッチだったか。

 

ところで、今大会も片手バックハンド選手が大活躍。その中でも久々に良いところまで行ったフランスの怪鳥ガスケ。

そんな通り名ないんですけど、ガスケのサーブ打ち方が鳥みたいだから。

https://www.youtube.com/watch?v=D7P-trzQN5E

 

対戦相手は、オーストラリア期待の新人キリオスです。オーストラリアは昔からテニス大国でしたが、ヒューイット以来影を潜めていましたね。

トミックも活躍がイマイチだし、でもキリオスは他のルーキーと違って、ムカつくくらい大物オーラがある。

あと、嫌われオーラも纏ってる。その原因は全て、手前にいるオーストラリア応援団。

こいつら、試合が始まる前に下手な国歌?を歌って観客の邪魔だし、邪魔だし、キリオス自体に恨みはありませんが、

 

キリオス負けろ!

と思ってガスケを応援してました。そしたら、ガスケ勝ちました。いやーすっきりした。やっぱりムカつく選手が負けるのはすっきりしますなー。試合終了後の軍団の顔がうけました。

試合内容としては、キリオスも悪くはなかったんですけどね。ガスケのサーブとバックハンドが良すぎた。これが本来の実力だな。