Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

薄いグリップ ワングリップテニスへの回帰

テニススクールのレッスンや、サークルでよく言われるのが「グリップ薄いですね。フォアとバックで同じですか?」。

確かに、スピン重視の今どきテニスでは珍しい。プロ見渡しても希少種だけど、フェデラーやデルポトロとかうすーいグリップの選手もいるっちゃあいる。

 

僕も、元々はフォアはセミウェスタングリップで、片手バックはバック側のセミウェスタンで握っていた。

今でもこのグリップで問題なく打てるんだけど、腕への負担は大きいし元々、自分の力で打つのが好きではなかったので、厚いグリップをやめました。

 

で、どんどん薄くなっていって、今ではフォアハンドはコンチネンタル。バックハンドもイースタンぐらい。ラケットタッチに自信があるわけではないですが、とりあえず問題なし。

 

 

薄いグリップのメリット

とりあえす薄いグリップのメリットを纏めてみました。これから、うすグリップにしようとする人へ参考になれば幸いです。

・少ないパワーでボールを飛ばせる

・低い弾道の玉が打ちやすい。

ストロークが安定する(気がする。)

・ボレーへの移行がスムーズ。

・ブロックリターンができるようになる。

・カウンターが上手くなる。

といったところでしょうか。一番いいところは、力いらず。ということ。ボールとラケット面との当たりかたがフラットなので、打つエネルギーはほとんど前への推進力に。

その代わりスピンがかかりにくくなることは、一長一短です。

あとは、リターンが比較的安定します。元々、リターンは自分から打ちにいくショットではなくて面を固めてブロック気味に打つショット。

だから、最初から面がフラット気味のグリップの方が確実に安定する。ストロークでも同じことが言えるので、ショットが結構安定します。

 

で、自分からストロークを打つというよりは相手の力を利用して打つと、さらに効果抜群でディフェンシブな戦いでも使えるグリップかなあと思っています。

これから薄いグリップにしようとする方の参考になれば。