Tennis lifev(Hard mode)

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

デ杯残念でした・・・!

デ杯残念でした・・・!どこかのニュースに、デ杯は総合力と書かれていましたが、まさにその通り。

錦織選手一人が突出しても、シングルス1、2、ダブルス1,2の計4試合あるわけですから、選手層の薄い日本にはカナダ相手だと少々荷が重い。

シングルス1は、カナダがラオニッチ、日本は作戦としてシングルス1を伊藤竜馬。結果は、ラオニッチのストレート勝ち。ラオニッチはゆったりと余裕の戦いぶりでしたね。

https://www.youtube.com/watch?v=xXZdafWqeMc

続いてダブルス1。そうカナダにはかつてダブルスランキング1位だったネスタがいる。日本は添田・内山ペア。なかなかいい戦いで接戦だったけど、地力の差がでて2-3で負け。シングルス2はラオニッチ対錦織のエース対決。

 

苦しい戦いを強いられましたが、なんとかラオニッチに勝利。が、続くシングルスで添田は格上の選手と対戦。奇跡はおきず敗退。

結局勝てたのは錦織選手だけで、あとは負けてしまいました。

松岡修三が言っていましたが、錦織のような天才はあと100年は現れないだろうと。確かに、そんな気がする。

でも、今の日本はそんな才能うんぬんの前に、テニスのコーチングレベルの低さや環境の悪さ、プロ選手の金銭面とか解決できる問題は山積みなわけだから。

 

それを払しょくすれば、100年またずとも錦織に近い選手はでてくるのかなあと思っています。

また、来年に期待しましょう!