Tennis lifev(Hard mode)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tennis life (Hard mode)

あなたのテニスLIFEをより豊かに。

全豪オープン2015解説 錦織圭対アルマグロ

全豪オープン始まりましたね!テニスの試合って1試合で2時間程度かかるから、TVで見るのもすごく疲れます。途中で飽きることもありますしね。

私も休みながらチェックしています。

さて、日本人初優勝を目指す錦織選手は世間も大注目。1回戦から戦いぶりがニュースでも放送されています。マスコミでは雑魚扱いされていた一回戦の相手はアルマグロ。スペインの片手バックハンド選手です。

ランキングで言えば格下ですが、数年前は錦織よりも格上だったわけで、楽観できる相手でもありません。ただ、アルマグロのフォアやバックハンドも、今の錦織選手には通用するのが難しいでしょう。

では、ハイライトの確認。

https://www.youtube.com/watch?v=oUuCyWwGF3s

錦織選手は格上の戦いをしているという印象を受けます。力の抜きどころ、重要なポイントどころ、5-5のカウントでポイントをしっかり取る等、戦いなれしていますね。

見ていて安心します。

 

一方のアルマグロ選手、1つ1つは非常に良いショットですが、ミラクルショットを狙いすぎ。メンタルが不安定です。

チャンスボールのボレーでネットミスをし、激情するあたり良くありません。

テニスは、他のスポーツと違って気合・感情は発してはいけません。常にクール。とにかくクールでいることが一番大事です。

2回戦のドディグ戦についても追々書いていきますね。